MENU

セイバン『モデルロイヤル』と『ミキハウス』の女の子用ランドセルを9項目で比較してみた

この記事では、可愛いデザインで女の子に人気の『モデルロイヤル』と、シンプルながらも耐久性に優れた『ミキハウス』の女の子用ランドセルを9項目で比較しながら紹介しています。

ランドセルはデザインやカラー重視という女の子もいれば、落ち着いた雰囲気のランドセルが良いという女の子もいることでしょう。

ランドセルを店舗へ見に行く前に、少しでもランドセルメーカーによるイメージの違いを知っていれば、スムーズなランドセル選びができるようになります。

そこで、「天使のはね」でお馴染みの『モデルロイヤル』と、高級ブランドのイメージのある『ミキハウス』で、女の子に人気のランドセルを9項目で比較しながら解説するので、ぜひランドセル選びの参考にしてくださいね。

デザインで比較デザインの種類ついて比較してみました
カラーで比較カラーについて比較しました
サイズで比較ランドセルサイズついて比較しました
収納力で比較収納力について比較しました
料金で比較希望小売価格や割引価格について比較しました
耐久性で比較耐久性について比較しました
重さで比較重さについて比較しました
素材で比較素材について比較しました
保証で比較ランドセル保証について比較しました

上記の9個の項目で『モデルロイヤル』と『ミキハウス』を比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

目次

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をデザインで比較

デザインで比較 モデルロイヤルミキハウス
デザインの数5種類3種類
デザインの種類・クリスタル
・ナチュール
・コスメ
・アリス
・クラシック
・コードバン
・牛革
・クラリーノ®タフロック®NEO

女の子の趣味やイメージなどによって好みのランドセルは大きく変わりますよね。そこで、『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をランドセルのデザインで比較してみました。

可愛いデザインが揃う『モデルロイヤル』では、5つのデザインそれぞれで世界観が演出されている特徴があります。

  • キラキラ輝くクリスタルガラスや、雪の結晶の刺繍などお姫様イメージの「クリスタル」
  • 花と小鳥の刺繍で、自然な愛されデザインの「ナチュール」
  • ちょっと大人びたイメージで、鏡や香水瓶などコスメの世界観の「モデルロイヤル コスメ」
  • お城をイメージした刺繍が両サイドにある、不思議な国の世界観がある「アリス」
  • 装飾を控えながらも、両サイドに立体感のあるイチョウ盛りでクラシカルなイメージの「クラシック」

一方『ミキハウス』のデザインは3種類あり、どれもシンプルなランドセルデザインで素材の違いによるデザインであることが特徴です。

  • 飾り鋲のミキハウスエンブレムが入った高級志向の「コードバン」
  • シンプルなデザインの飾り鋲で落ち着いた雰囲気の「牛革」
  • リボン型の飾り鋲と両サイドにリボンの刺繍など、ワンポイントの可愛さがある「クラリーノ®タフロック®NEO」

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をザインで比較してみると、デザインの種類が多く女の子が持つイメージに合わせて選べるのは『モデルロイヤル』だと言えるでしょう。

好みの世界観を持っている人なら『モデルロイヤル』、高級感やシンプルなデザインのランドセルを探している人なら『ミキハウス』など、ランドセルへのイメージがどんなものかによってデザインを検討してみてはいかがでしょうか。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をカラーで比較

カラーで比較モデルロイヤルミキハウス
カラーの数14色5色
カラーバリエーション・シャーベットピンク
・シャーベットミント
・パステルパープル
・ミルクティベージュ
・マーメイドグリーン
・ビビットピンク
・ジュエルホワイト
・アクア
・カシスピンク
・キャメル
・パールピンク
・パールパープル
・パールグリーン
・パールブルー
・ワインレッド
・黒
・赤
・紺
・ピンク

ランドセルのデザインと一緒に選ぶのは、ランドセルカラーですよね。カラーを重視している女の子も多いため、『モデルロイヤル』と『ミキハウス』のランドセルカラーを比較しながら紹介します。

『モデルロイヤル』では、デザインごとに選べるカラーが決まっており、すべてのカラーを合わせると14色が販売されています。そのため、デザインとともに選ぶ必要があり、デザインによっては限定カラーがあることにも注目です。

クリスタル全10カラー・シャーベットピンク×アクア
・シャーベットピンク×ベビーピンク
・ミルクティベージュ×ベビーピンク
・マーメイドグリーン×シャーベットミント
・パステルパープル×ベビーピンク
【公式オンラインストア限定】
・ビビットピンク×ベビーピンク
・アクア×シャーベットミント
・カシスピンク×ベビーピンク
【直営限定】
・ジュエルホワイト×シャーベットミント
ナチュール全5カラー・ミルクティベージュ
・ビビットピンク
・パステルパープル
・シャーベットミント
【公式オンラインストア限定】
・キャメル
コスメ全4カラー・パールグリーン
・パールパープル
・パールブルー
・パールピンク
アリス全5カラー・シャーベットピンク
・ミルクティベージュ
・シャーベットミント
・カシスピンク
【公式オンラインストア限定】
・パステルパープル
クラシック全10カラー・パステルパープル
・カーマインレッド
・サックス
・メイプル
・ブラック
・マリンブルー
【公式オンラインストア限定】
・ヴィンテージピンク
・ミルクティベージュ
・ネイビー
・フォレストグリーン

「クリスタル」にはアクセントカラーもあり、本体カラーに組み合わされるカラーもチェックしておきたいところです。

さらに、「クラシック」では、カブセ裏のデザインも以下の7種類から選ぶことができます。

  • ドットピンク
  • ドットサックス
  • フラワー
  • プリンセス
  • ストライプ
  • チェック
  • 総柄

一方、『ミキハウス』のランドセルカラーは5色で、デザインごとに販売されているランドセルカラーは、以下のとおりです。

  • コードバン:黒、ワインレッド
  • 牛革:赤、黒
  • クラリーノ®タフロック®NEO:紺、黒、赤、ピンク

「クラリーノ®タフロック®NEO」の飾り鋲はハートで可愛いワンポイントですが、紺や黒はシンプルな飾り鋲となっているので、細かい場所まで確認する必要があります。

赤やピンク、ワインレッドのランドセルデザインは、刺繍やクリスタルなど女の子らしさが演出されたランドセルとなっていますよ。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をカラーで比較してみると、『モデルロイヤル』の方が、カラーバリエーションが豊富で、女の子に人気のパステルカラーなど様々なランドセルカラーが販売されています。

光沢や淡い色のランドセルカラーが好みなら『モデルロイヤル』、光沢を抑えて落ち着いたカラーが好みなら『ミキハウス』など、ランドセルのデザインとともに、カラーを選んでみてくださいね。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をサイズで比較

サイズで比較モデルロイヤルミキハウス
外寸(約cm)高さ:33.5
幅:26.5
高さ:31.0
幅:25.5~25.8
内寸高さ:31.0
幅:23.5
高さ:31.0
幅:23.3
内寸マチ幅(約cm)12.012.0

ランドセルの収納力も気になるところですが、まずはランドセルサイズを確認してみましょう。『モデルロイヤル』と『ミキハウス』では、どのようなサイズとなっているのか比較してみました。

『モデルロイヤル』では、デザインやカラーは多彩ですが、ランドセルの外寸と内寸は、すべて統一されていました。内寸のマチ幅は12.0cmも広く、標準的なサイズと言えるランドセルでしょう。

一方、『ミキハウス』のランドセルサイズでは、「クラリーノ®タフロック®NEO」のみ外寸の幅が25.5cnとなっています。「コードバン」や「牛革」はすべて同じサイズで、やはり一般的なランドセルサイズだと言えるでしょう。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をランドセルサイズで比較すると、『ミキハウス』の「クラリーノ®タフロック®NEO」は、外寸の横幅が少なめの25.5cmとなっているのでコンパクトに見えるランドセルとなっています。

どちらのランドセルも、一般的なランドセルサイズで、内寸も十分な広さを持つサイズですので、体が小さな新1年生でもランドセルサイズを心配する必要はありません。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』を収納力で比較

収納力で比較モデルロイヤルミキハウス
A4ファイル収納対応対応
タブレット収納対応商品説明に記載なし
収納ポケットありあり

一般的なランドセルサイズの『モデルロイヤル』と『ミキハウス』では、どれくらいの収納が見込めるのか気になるところですよね。そこで2種類のランドセルを収納料で比較してみました。

『モデルロイヤル』では、A4ファイルやタブレットの収納が可能であることが記載されており、十分な収納力だと言えるランドセルになっています。

もちろん収納ポケットも標準装備で、それぞれのランドセルデザインに合わせて可愛く、魅力的な引き手もぜひチェックしてみてくださいね。

一方、『ミキハウス』では、どのデザインでもA4フラットファイル対応のランドセルサイズとなっています。ただしタブレット収納については記載がないため、購入を検討するなら実際に確認してみることをおすすめします。

収納ポケットは標準装備で、「クラリーノ®タフロック®」ではリボンの引き手や散りばめられたクリスタルで可愛いデザインとなっています。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』を収納力で比較してみると、どちらもA4ファイルを問題なく収納できるランドセルで、十分な収納力を持っていると言えるでしょう。

可愛い収納ポケットが欲しいなら『モデルロイヤル』や『ミキハウス』の「クラリーノ®タフロック®」、シンプルな収納ポケットが好みなら『ミキハウス』の「コードバン」や「牛革」がおすすめです。

なお、ランドセルの収納力が気になる人は、実際にランドセルを見て確認することをおすすめします。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』を料金で比較

料金で比較モデルロイヤルミキハウス
小売価格(税込)64,900円~80,300円110,000円~330,000円
早期割引価格(税込)58,410円~72,270円

ランドセル価格には、デザインや素材などが大きく影響しています。そこで『モデルロイヤル』と『ミキハウス』の価格について比較してみたいと思います。

『モデルロイヤル』では、デザインとカラーの違いによってランドセル価格が相違しています。嬉しいことに、2023年10月1日までに購入すると、早期割引価格が適用されるので、お得にランドセルが購入できます。

  • クリスタル:71,500円(早期割引価格64,350円)
  • ナチュール:64,900円(早期割引価格58,410円)
  • コスメ:75,900円(早期割引価格68,310円)
  • アリス:80,300円(早期割引価格72,270円)
  • クラシック:60,500円(早期割引価格54,450円)
  • クラシックMyStyleカブセ裏オーダー(ドットピンク、ドットサックス、ストライプ):62,700円(早期割引価格56,430円)
  • クラシックMyStyleカブセ裏オーダー(フラワー、プリンセス):66,000円(早期割引価格59,400円)
  • クラシックMyStyleカブセ裏オーダー(チェック、総柄):63,800円(早期割引価格57,420円)

一方、『ミキハウス』のランドセル価格は次のように設定されています。

  • コードバン:330,000円
  • 牛革:220,000円
  • クラリーノ®タフロック®:110,000円

『ミキハウス』のランドセルでは素材が高級志向となっていることもあり、高額なランドセルで有名です。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をランドセル価格で比較してみると、一般的なランドセル価格だと言えるのは『モデルロイヤル』でしょう。

なぜなら、2022年4月時点の平均ランドセル価格は平均56,425円だったのです。早期割引価格が適用された『モデルロイヤル』なら、この平均価格に近くなるため、高額なランドセルにはなりません。

『ミキハウス』のランドセル価格は他のブランドと比較しても突出していることから、高級なランドセルを求めている人にはおすすめです。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』を耐久性で比較

耐久性で比較モデルロイヤルミキハウス
型崩れ防止321構造マチの上部は二重構造
コーナー部分2重巻き補強

小学校生活6年間の間に、ランドセルが壊れたり型崩れしてしまわないように、ランドセルは耐久性のある方が良いですよね。そこで『モデルロイヤル』と『ミキハウス』の耐久性について比較してみました。

セイバンの『モデルロイヤル』には、「321構造」というオリジナル補強があります。マチ部分の素材を2重構造にして、3面一体型の構造で型崩れを防止しています。擦り傷が目立つコーナー部分には「2重巻きの補強」が施されており、十分な耐久性で破損を防いでいます。

一方、『ミキハウス』のランドセルでは、縦と横のどちらから力が加わっても強いマチで型崩れを防止し、マチの上部には二重構造で補強し条文な芯材を採用して、強い耐久性を誇っています。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をランドセルの耐久性で比較みると、どちらのランドセルも十分な補強が施されており、強い耐久性を持っていると言えます。

どちらのランドセルも、6年間安心して使用できるランドセルだと言えるので、デザインやカラー、素材など好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』を重さで比較

重さで比較モデルロイヤルミキハウス
重さ(g)1,240~1,3001,180~1,610

学年が上がるごとに荷物が増える小学校生活では、ランドセル本体は少しでも軽い方が良いと考えている保護者の方も多いことでしょう。そこで『モデルロイヤル』と『ミキハウス』についてランドセルの重さで比較してみました。

『モデルロイヤル』では、デザインごとにランドセル本体の重さが相違し、以下のとおりとなっています。

  • クリスタル:1,290g
  • ナチュール:1,250g
  • コスメ:1,240g
  • アリス:1,300g
  • クラシック:1,280g
  • クラシックMySytleカブセ裏オーダー:1,280g

また、『ミキハウス』もデザインごとに、ランドセル本体の重さが異なります。

  • コードバン:1,610g
  • 牛革:1,520g
  • クラリーノ®タフロック®:1,180g

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をランドセル本体の重さで比較してみると、『モデルロイヤル』の方が軽量化されたランドセルだと言えます。

『ミキハウス』の「クラリーノ®タフロック®」なら、『モデルロイヤル』と変わらないランドセルの重さですが、『ミキハウス』の「コードバン」や「牛革」は少し重さが気になるかもしれませんね。

なお、ランドセルの重さは平均が1,100~1,300gと言われています。

つまり『ミキハウス』の「コードバン」や「牛革」は、一般的なランドセルよりも本体が重たくなっていることがわかります。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』を素材で比較

素材で比較モデルロイヤルミキハウス
主素材【アンジュエールグロス】
・クリスタル
・ナチュール
・アリス
・クラシック(公式オンラインストア限定)
【アンジュエールパール】
・コスメ
【クラリーノ®エフ「レインガード®Fa」】
・クラシック
・クラシックMySytleカブセ裏オーダー
【コードバン】
・コードバン
【牛革】
・牛革
【クラリーノ®タフロック®】
・クラリーノ®タフロック®
背中裏【ブレスレザー】
・すべてのデザイン
【牛革とスポンジクッション】
・コードバン
・牛革
【人工皮革(エアーフレッシュ)】
・クラリーノ®タフロック®

手触りや光沢、重さや耐久性などは、ランドセルの素材が大きく関係しています。そこで『モデルロイヤル』と『ミキハウス』の素材をそれぞれ確認しながら、比較したいと思います。

『モデルロイヤル』で使用されている素材は、デザインごとに違いがあります。

主素材特徴採用されているデザイン
アンジュエールグロス・ツヤのある表面が特徴
・カラーに深みがでる
・クリスタル
・ナチュール
・アリス
・クラシック
(公式オンラインストア限定)
アンジュエールパール・上品なパール感
・光沢感と透明感
・やわらかい印象
・耐久性がある
・コスメ
クラリーノ®エフ「レインガード®Fa」・革の光沢を抑える
・雨に強い
・クラシック
・クラシックMySytleカブセ裏オーダー

夏場のムレが気になる背中部分や肩ベルト裏には「ブレスレザー」が使用されおり、『モデルロイヤル』は快適性も考慮されたランドセルだと言えます。

一方、『ミキハウス』では素材の名前が、そのままランドセルデザインの名前となっており、選ぶときにも非常にわかりやすくなっています。気になる素材の特徴は以下のとおりです。

主素材特徴
コードバン・希少性の高い馬のおしりの革
・なめやかな手触り
・上質な光沢
・強度がある
牛革・コードバンには劣るが上質な光沢
・耐久性がある
クラリーノ®タフロック®・天然皮革を再現させた人工皮革
・水や傷に強い
・耐久性がある

背中が密着する背中裏には、「コードバン」と「牛革」には強度のある「牛革」に柔らかいスポンジクッションが搭載されています。「クラリーノ®タフロック®」では人工皮革である「エアーフレッシュ」が採用され、耐久性と通気性が確保されています。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』をランドセルの素材で比較してみると、様々な種類の人工皮革が使用されているのは『モデルロイヤル』で、ランドセルカラーをより楽しむことができるランドセルだと言えます。

『ミキハウス』は高級な素材を採用していることからも、ワンランク上のランドセルが欲しい人には「コードバン」が採用されたランドセルが嬉しいのではないでしょうか。

『モデルロイヤル』、『ミキハウス』ともに、どちらも耐久性に優れたランドセル素材ですが、パステルカラーや光沢のあるランドセルが好みなら『モデルロイヤル』、デザインやカラーよりも質を重視という人には『ミキハウス』など、ランドセルに求めたい思いによって選んでみてはいかがでしょうか。

『モデルロイヤル』と『ミキハウス』を保証で比較

保証で比較モデルロイヤルミキハウス
無料修理保証6年間の無料保証6年間の無料保証
保証書紛失していても無料修理可能無料修理には保証書の提示が必要

小学校生活の中で思わぬアクシデントにより、ランドセルが壊れてしまうことが考えれます。そこでランドセルには無料修理の保証があることが多いのですが、『モデルロイヤル』と『ミキハウス』ではどのような対応となっているのかを比較してみます。

結論として、『モデルロイヤル』と『ミキハウス』は、どちらも6年間の無料修理保証があります。

ただし、『モデルロイヤル』では保証書を紛失してしまっていても無料修理が可能ですが、『ミキハウス』では保証書がなければ無料修理を行ってもらえないようです。

どちらも、代替えランドセルを無料で貸してもらうことができますので、もしランドセルが故障して使えなくなってしまっても安心して修理に出すことができます。

『モデルロイヤル』をおすすめな人はこんな人

  • 可愛いデザインのランドセルが欲しい人
  • たくさんのランドセルカラーの中から選びたい人
  • カブセ裏のデザインを自分好みにしたい人

セイバンの『モデルロイヤル』は、「天使のはね」としてだけではなく、可愛いデザインとして女の子に人気のあるランドセルです。5種類のデザインでは、それぞれ世界観のあるデザインとなっているので、好みやイメージでランドセル選びをしたい人にはおすすめです。

『モデルロイヤル』では14種類のランドセルカラーがあり、パステルカラーからビビットカラーまでバリエーションが豊富です。デザインと合わせて可愛いランドセルカラーを探したい人には、『モデルロイヤル』ならランドセル選びが楽しくなるでしょう。

カブセ裏を自分好みにしたい人なら、『モデルロイヤル』の「クラシックMyStyleカブセ裏オーダー」がおすすめです。6つのランドセルカラーとともに、7種類の中からカブセ裏を選べ、ランドセルカラーとカブセ裏の種類を合わせると全部で42種類のカラーバリーエションを楽しむことができますよ。

『ミキハウス』をおすすめな人はこんな人

  • 最高級のランドセルが欲しい人
  • シンプルなデザインのランドセルを探している人
  • ミキハウスのブランドが好きな人

『ミキハウス』の「コードバン」では、革の王様と言われるコードバン素材が採用されているので、なめらかな手触りとともに高級感を味わえるランドセルとなっています。そのため価格も非常に高く設定されていますが、最高級のランドセルが欲しい人にはおすすめです。

可愛さも欲しいけれどシンプルなデザインのランドセルを探している人には、『ミキハウス』がおすすめです。長い小学校生活を過ごしていても、飽きのこないシンプルなデザインのランドセルは、高学年になって好みが変わっても抵抗なく使用できるランドセルだと言えます。

なんといっても『ミキハウス』のブランドが好きな人には、絶対におすすめのランドセルです。ミキハウスロゴのエンブレムが入ったランドセルとなっているので、一目で『ミキハウス』のランドセルだとお友達にも気づいてもらえることでしょう。

まとめ

今回は、セイバンの「天使のはね」で女の子に人気のある『モデルロイヤル』と、シンプルながらも高級感あふれる『ミキハウス』を9項目で比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。

女の子が一番先に決めたいと考えるランドセルデザインが豊富なのは『モデルロイヤル』でしたが、飽きのこないシンプルデザインの『ミキハウス』は素材にこだわったランドセルでしたね。

好みによって大きく分かれるランドセルデザインですが、カラーバリエーションが豊富な『モデルロイヤル』では、ランドセル選びが楽しくなりそうです。高級感のあるランドセルなら、驚きを隠せない価格ですが『ミキハウス』を検討してみてはいかがでしょうか。

世の中に生み出されているランドセルは様々で、たった1つのランドセルを選ぶことは非常に難しいことでもあります。そんな時は比較記事を参考に、事前にランドセルの特徴を知って、お気に入りのランドセルを見つけて欲しいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次