MENU

セイバンの「モデルロイヤル」とコスメティックブランド「MARY QUANT」を9つの項目で比較してみた!

この記事では、女の子に人気のあるセイバンのランドセル『モデルロイヤル』と、コスメティックブランド『MARY QUANT』を9つの項目で徹底比較しています。

6年間の小学校生活で使用するランドセルは、可愛いデザインだけでなく丈夫で長持ちするものが良いですよね。

しかしランドセル選びは、デザインや素材、収納力など様々なランドセルを比較するだけで、時間と体力を使ってしまっているのではないでしょうか。

そこで今回は、女の子に人気のあるセイバンのランドセル『モデルロイヤル』と、コスメティックブランドのランドセル『MARY QUANT』を比較して、どんな違いがあるのかを紹介しているので、ぜひ購入前の参考にしてみてくださいね。

目次

セイバンのモデルロイヤルとコスメティックブランドのMARY QUANTを9つの項目で比較しました!

デザインで比較デザインの種類ついて比較してみました
カラーで比較カラーについて比較しました
収納力で比較前ポケットなど収納について比較しました
サイズで比較マチ幅などサイズついて比較しました
料金で比較希望小売価格や割引価格について比較しました
耐久性で比較耐久性について比較しました
重さで比較重さについて比較しました
素材で比較素材について比較しました
保証で比較保証制度について比較しました

上記の9つの項目で「モデルロイヤル」と「MARY QUANT」を比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

モデルロイヤルとMARY QUANTをデザインで比較

デザインで比較 モデルロイヤルMARY QUANT
デザインの数6種類7種類
デザインの種類・クリスタル
・ナチュール
・コスメ
・アリス
・クラシック
・フレンチリボン
・エンブロイダリーデイジー
・デイジーハーフスタイル
・デイジーストライプ
・エンボスデイジー
・デコレーションミニフラワー
・デイジーミックス
・ビッグフラワーエンボス

セイバン「天使の羽」で人気のあるモデルロイヤルと、デザイナーズランドセルとして人気のあるSMARY QUANTは、どちらもデザインが豊富で女の子に人気です。そこで、モデルロイヤルとMARY QUANTを比較してみました。

モデルロイヤルでは、6種類の可愛いデザインがありそれぞれに特徴があります。

  • クリスタルガラスや雪の結晶がモチーフとなった刺繍が可愛い「モデルロイヤル クリスタル」
  • 花と小鳥の刺繍でナチュラルな可愛さの「モデルロイヤル ナチュール」
  • 鏡と香水瓶のイメージでコスメ世界が広がる「モデルロイヤル コスメ」
  • 魔法の鏡やお城など、ファンタジックな世界観の「モデルロイヤル アリス」
  • 立体感のあるイチョウ盛りでシンプルな「モデルロイヤル クラシック」
  • リボンレースなどの組み合わせで上品な可愛さが特徴の「モデルロイヤル フレンチリボン」

一方、MARY QUANTでは、7種類の可愛いデザインがあります。

  • カブセの部分にシックな花の刺繍デザインが特徴の「エンブロイダリーデイジー」
  • カブセや両サイドにふんわりとした花が特徴の「デイジーハーフスタイル」
  • 花とツートンカラーとカブセ裏のストライプが特徴の「デイジーストライプ」
  • 花のアップリケで清楚なイメージが広がる「エンボスデイジー」
  • 花のステッチと気分でコーディネートができるスカーフがついた「デコレーションミニフラワー」
  • ランドセルのカブセや両サイドに花のモチーフが散りばめられた「デイジーミックス」
  • カブセの大胆な花が特徴の「ビッグフラワーエンボス」

2つのランドセルのデザインを比較してみると、どちらもデザインが豊富ですが、ファンタジックな世界観やクリスタルガラスを使ったランドセルなら『モデルロイヤル』、花をあしらったデイジーデザインなら『MARY QUANT』がおすすめです。

モデルロイヤルとMARY QUANTをカラーで比較

カラーで比較モデルロイヤルMARY QUANT
カラーバリエーション・シャーベットピンク
・シャーベットミント
・パステルパープル
・ミルクティベージュ
・マーメイドグリーン
・ビビットピンク
・ジュエルホワイト
・アクア
・カシスピンク
・キャメル
・パールピンク
・パールパープル
・パールグリーン
・パールブルー
・ミントグリーン
・ラベンダー
・コーラル
・ライトブルー
・ホワイト
・スウィートピンク
・ブラック
・パープル
・グレージュ
・アッシュピンク
・キャメル
・シェルピンク
・レッド

女の子のランドセルは、デザインだけでなくカラーも重視したい人が多いことでしょう。そこで、モデルロイヤルとMARY QUANTのカラーについて、比較してみます。

モデルロイヤルにはデザインごとに選べるカラーが豊富で、本体と刺繍部分でカラーの組み合わせパターンを選択することができます。

クリスタル10カラー・マーメイドグリーン×シャベットミント
・シャーベットピンク×ベビーピンク
・シャーベットミント×アクア
・ミルクティベージュ×ベビーピンク
・パステルパープル×ベビーピンク
・ビビットピンク×ベビーピンク
・カシスピンク×ベビーピンク
・アクア×シャーベットミント
・ジュエルホワイト×シャーベットミント
・ネイビー×ベビーピンク
ナチュール5カラー・ビビットピンク
・ミルクティベージュ
・シャーベットミント
・パステルパープル
・キャメル
コスメ4カラー・パールピンク
・パールパープル
・パールグリーン
・パールブルー
アリス5カラー・シャーベットピンク
・シャーベットミント
・カシスピンク
・ミルクティベージュ
・パステルパープル
クラシック10カラー・パステルパープル
・カーマインレッド
・サックス
・メイプル
・ブラック
・マリンブルー
・フォレストグリーン
・ネイビー
・ミルクティベージュ
・ヴィンテージピンク
フレンチリボン4カラー・ミルクティベージュ×ミルキーブラウン
・シャーベットミント×ネイビー
・マーメイドグリーン×ネイビー
・ヴィンテージピンク×カシスピンク

なかには、限定カラーとして直営店や公式オンラインストアのみ購入が可能となっているカラーがあり、「クラシック」では、カブセ裏のデザインカラーを7通りから選ぶことができます。

一方、MARY QUANTでもデザインごとにカラーに違いがあります。

エンブロイダリーデイジー4カラー・ミントグリーン
・ラベンダー
・コーラル
・ライトブルー
デイジーハーフスタイル4カラー・ホワイト
・ミントグリーン
・ラベンダー
・スウィートピンク
デイジーストライプ4カラー・ブラック
・パープル
・グレージュ
・アッシュピンク
エンボスデイジー5カラー・ホワイト
・キャメル
・ミントグリーン
・ラベンダー
・シェルピンク
デコレーションミニフラワー4カラー・ホワイト
・キャメル
・ミントグリーン
・ラベンダー
デイジーミックス4カラー・ホワイト
・レッド
・ミントグリーン
・ラベンダー
ビッグフラワーエンボス4カラー・ラベンダー
・ホワイト
・キャメル
・レッド

それぞれカブセ裏にも特徴があり、オリジナルデザインで可愛いプリント内装となっています。

『モデルロイヤル』と『MARY QUANT』のランドセルを比較してみると、どちらもカラーバリエーションが豊富となっています。

どちらも可愛いデザインのカブセ裏ですが、自分らしいカブセ裏のデザインを選びたいなら、7通りのカブセ裏デザインがある『モデルロイヤル』の「クラシック」なら、ランドセルカラーと合わせて42通りの組み合わせができるのでおすすめです。

モデルロイヤルとMARY QUANTを収納力で比較

収納力で比較モデルロイヤルMARY QUANT
A4ファイル収納対応対応
タブレット収納対応対応
収納ポケットありあり

手荷物の多い小学生は、水筒や体操服、A4ファイルやタブレットなどを収納できるランドセルがいいですよね。そこで、ロイヤルレジオとMARY QUANTの収納力について比較してみます。

結論として、『モデルロイヤル』と『MARY QUANT』は、どちらもA4ファイルやタブレットなどが十分収納できるサイズのランドセルとなっています。

前面の収納ポケットもついているので、ぜひそれぞれのデザインを確認してみてくださいね。

モデルロイヤルとMARY QUANTをサイズで比較

サイズで比較モデルロイヤルMARY QUANT
内寸(約cm)高さ31.0、幅23.5高さ31.0、幅23.0
内寸マチ幅(約cm)12.012.5
ピッタリ

収納力の高いランドセルということは、ランドセルもサイズが大きいのではと心配になる保護者も多いのではないでしょうか。そこで、モデルロイヤルとMARY QUANTのランドセルサイズについて比較してみましょう。

モデルロイヤルのサイズは一般的で、12.0cmと十分なマチ幅があるため、十分な収納力を備えています。

一方、MARY QUANTのサイズは、少しだけ横幅が狭くなっているものの、A4サイズがすっぽり入る収納力です。マチ幅は12.5cmと広く取られているため、ゆとりのある収納力となっています。

『モデルロイヤル』と『MARY QUANT』を比較してみると、どちらもランドセルサイズに困ることはなく、十分なマチ幅で高い収納力を備えています。

収納力やランドセルサイズを気にせず、デザインやカラーなど、好みを優先して選べるランドセルだと言えるでしょう。

モデルロイヤルとMARY QUANTを料金で比較

料金で比較モデルロイヤルMARY QUANT
小売価格(税込)64,900円~80,300円74,800円~89,100円
早期割引価格(税込)58,410円~72,270円

ランドセル選びをしている子供のそばで、何気なくランドセルの価格を気にしてしまっている保護者も多いことでしょう。そこで、モデルロイヤルとMARY QUANTのランドセル価格について比較してみました。

モデルロイヤルでは、デザインの種類ごとに価格が違い、2023年10月1日までに購入すれば早期割引価格が適用されて、お得に購入することができます。

  • クリスタル:71,500円(早期割引価格64,350円)
  • ナチュール:64,900円(早期割引価格58,410円)
  • コスメ:75,900円(早期割引価格68,310円)
  • アリス:80,300円(早期割引価格72,270円)
  • クラシック(カブセ裏:通常柄):60,500円(早期割引価格54,450円)
  • クラシック(カブセ裏:ドットピング、ドットサックス、ストライプ):62,700円(早期割引価格56,430円)
  • クラシック(カブセ裏:チェック、総柄):63,800円(早期割引価格57,420円)
  • クラシック(カブセ裏:フラワー、プリンセス):66,000円(早期割引価格59,400円)
  • フレンチリボン:71,500円(早期割引価格はなし)

なお、「フレンチリボン」のみ、早期割引は適用されないので、注意しておいてくださいね。

同様に、MARY QUANTもデザインごとに価格の違いがあるので確認してみましょう。

  • エンブロイダリーデイジー:86,900円
  • デイジーハーフスタイル:89,100円
  • デイジーストライプ:89,100円
  • エンボスデイジー:74,800円
  • デコレーションミニフラワー:82,500円
  • デイジーミックス:89,100円
  • ビッグフラワーエンボス:82,500円

残念ながら、MARY QUANTには早期割引は実施されていないようです。

『モデルロイヤル』と『MARY QUANT』を価格で比較してみると、『MARY QUANT』の方が価格が高く設定されています。

『モデルロイヤル』は早期割引もあるので、さらにお得に購入できるので、『MARY QUANT』とは価格の差が大きくなると言えるでしょう。

モデルロイヤルとMARY QUANTを耐久性で比較

耐久性で比較モデルロイヤルMARY QUANT
型崩れ防止321構造パワフルガード®
コーナー部分2重巻き補強

6年間使っていると、型崩れを起こすのではないかと気になる保護者もいらっしゃることでしょう。そこで、モデルロイヤルとMARY QUANTの耐久性について比較してみましょう。

モデルロイヤルでは、マチ部分の素材が2重構造で、3面一体型の構造(321構造)により型崩れを防止しており、よくあるランドセルのコーナー部分の擦り傷には、2重巻き補強が施されて耐久性に優れています。

一方、MARY QUANTでは開口部に特許技術のパワフルガード®で、荷物を出し入れする時のダメージを軽減し、型崩れを防止しています。

『モデルロイヤル』と『MARY QUANT』を比較すると、どちらも十分な耐久性があると言えるので、安心して使用できるランドセルだと言えるでしょう。

モデルロイヤルとMARY QUANTを重さで比較

重さで比較モデルロイヤルMARY QUANT
重さ(g)1,240~1,3001,250~1,290

ただでさえ荷物が多い小学生・・・ランドセル本体は軽いに越したことはありませんよね。そこで、モデルロイヤルとMARY QUANTのランドセルを重さで比較してみましょう。

モデルロイヤルのラントセルは、デザインの種類によって重さに違いがあります。

  • クリスタル:1,290g
  • ナチュール:1,250g
  • コスメ:1,240g
  • アリス:1,300g
  • フレンチリボン:1,270g

同様に、MARY QUANTも、デザインによって重さが異なります。

  • エンブロイダリーデイジー:1,320g
  • デイジーハーフスタイル:1,290g
  • デイジーストライプ:1,270g
  • エンボスデイジー:1,260g
  • デコレーションミニフラワー:1,290g
  • デイジーミックス:1,250g
  • ビッグフラワーエンボス:1,290g

『モデルロイヤル』と『MARY QUANT』をランドセルの重さで比較すると、どちらも特に重たいランドセルではありません。

平均的なランドセルの重さが1,100g~1,300gなので、『モデルロイヤル』『MARY QUANT』ともに、一般的なランドセルの重さだと言えます。

モデルロイヤルとMARY QUANTを素材で比較

素材で比較モデルロイヤルMARY QUANT
主素材・アンジュエールグロス
・アンジュエールパール
・クラリーノ®エフ「レインガード®Fa」
・クラリーノ®

ランドセルの見た目や、お手入れに影響のある素材も気がかりになっている人も多いのではないでしょうか。モデルロイヤルとMARY QUANTの素材について、どのような違いがあるのか比較してみましょう。

モデルロイヤルでは、ランドセルのデザインによって素材が違いがあります。

ツヤのある表面仕上げで、シワや傷が目立ちにくい『アンジェエールグロス』が使用されているのは、以下のデザインです。

  • クリスタル
  • アリス
  • クラシック
  • フレンチリボン(ヴィンテージピンク、ミルクティベージュ、ネイビー、フォレストグリーン)

また、「コスメ」では、パールの光沢感が美しい『アンジュエールパール』、「フレンチリボン」のパステルパープル、カーマインレッド、サックス、メイプルブラック、マリンブルーのカラーでは、しなやかで雨に強く光沢を抑えた質感と手触りの『クラリーノ®エフ「レインガード®Fa」』が主な素材となっています。

一方、MARY QUANTでは、全デザインで『クラリーノ®』が主素材として使用されています。撥水性や耐久性に優れているので、お手入れが楽なランドセルとなっています。

『モデルロイヤル』と『MARY QUANT』を素材で比較してみると、パールの光沢やツヤのある表面が好みな人は『モデルロイヤル』のクリスタルやアリス、クラシックやフレンチリボンの一部カラー、またコスメがおすすめです。

撥水加工や耐久性を求めるなら、『モデルロイヤル』のフレンチリボンの一部カラーや、『MARY QUANT』がおすすめだと言えます。

モデルロイヤルとMARY QUANTを保証で比較

保証で比較モデルロイヤルMARY QUANT
無料修理保証あり(6年間)あり(6年間)

もしもアクシデントでランドセルが壊れてしまった場合、修理の費用が気になるところですよね。そこで、モデルロイヤルとMARY QUANTの修理保証について比較してみましょう。

モデルロイヤルは、セイバンランドセルとして、6年間の無料修理保証があります。不注意でランドセルを壊してしまっても、無料で修理が可能なのです。また、修理期間中は代替ランドセルを貸してもらうことができるので、長期休暇を待たずに修理ができるので安心です。

一方、MARY QUANTでは販売側の責任で故障をした場合のみ、認定証のついているランドセルは6年間の無料修理保証があります。なお、アクシデントによって壊れてしまったランドセルの修理は有料となります。

『モデルロイヤル』と『MARY QUANT』を修理保証で比較してみると、セイバンの『モデルロイヤル』の方が故意ではない故障に対応してもらえるので、同じ6年間の保証でも修理保証の幅が広くなっていることがわかります。

モデルロイヤルをおすすめな人はこんな人

  • ファンタジックな世界観のあるランドセルを選びたい人
  • カブセ裏も自分好みにできるランドセルが欲しい人
  • 刺繍やクリスタル・ガラスなど、飾りのついたランドセルを探している人

『モデルロイヤル」』は全部で38カラーあり、「コスメ」や「アリス」などファンタジックな世界観のあるランドセルが欲しい人にはおすすめです。可愛いデザインが魅力で、女の子から人気のあるランドセルです。

また、『モデルロイヤル』の「クラシック」では、直営店や公式オンラインストア限定で、カブセ裏のデザインが7種類あり、ランドセル本体のカラー6色と合わせて42通りのカスタマイズが可能となっています。オリジナリティに溢れたランドセルが欲しい人は、ぜひ好みのデザインやカラーを探してみてください。

『モデルロイヤル』の魅力でもあるランドセルの飾りには、刺繍やクリスタル・ガラス、パール生地などがあり、独特の可愛さがあるため女の子にも大人気です。

MARY QUANTをおすすめな人はこんな人

  • デイジーデザインが好きな人
  • ツートンカラーのランドセルが欲しい人
  • 半カブセのランドセルを探している人

『MARY QUANT』は、女の子らしいデイジーデザインのランドセルです。花が好きな人やデイジーモチーフが好きなら、きっと欲しくなってしまう可愛いデザインとなっています。

また、『MARY QUANT』の「デイジーストライプ」は、ツートン柄のランドセルとなっているので、モダンな印象で大人っぽさをイメージしながら、デイジーアップリケで可愛いデザインのランドセルとなっています。友達とは違ったランドセルを探している人におすすめです。

『MARY QUANT』の「デイジーハーフスタイル」は、半カブセのランドセルとなっていて、可愛いシルエットとなっています。錠前部分のデイジーモチーフは、蓄光タイプのハンドルになっているので、可愛さは倍増です。半カブセのランドセルを探している人には、ぜひチェックしてみて欲しいランドセルとなっています。

まとめ

今回は、セイバン「天使のはね」ランドセルの『モデルロイヤル』と、コスメティックブランド『MARY QUANT』を、9つの項目で比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。

『モデルロイヤル』と『MARY QUANT』は、どちらも女の子らしいデザインやカラーで、きっと好みの違いが大きく出ることでしょう。また、どちらもカラーバリエーションが豊富で、耐久性や素材も申し分ないランドセルだということがわかりました。

ランドセルは、重さや収納力、耐久性などを重視することも大切ですが、やはり、子供が選んだランドセルで6年間を楽しく過ごして欲しいものですよね。

そのためには、様々なランドセルを見ながら、好みや背負い心地を確認して満足のできるランドセルを選ぶことが大切です。ランドセル選びには、ぜひ比較記事を参考にして、より気に入ったランドセルを見つけるために役立ててみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次