MENU

セバイン『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』を10項目で徹底比較!

この記事では、女の子に人気のあるランドセル『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』を10項目で比較しながら紹介しています。

女の子のランドセル選びでは、デザインやカラー、手触りなど気になることが多く、好みのランドセルを見つけるまでにたくさん時間がかかってしまう人も多いことでしょう。

そこで、今回は『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』でランドセル選びに重要となるポイント10項目を比較しながら詳しく解説していきます。

ぜひランドセルを探すときの参考にして、好みや使いやすさなどお気に入りのランドセルを見つけてくださいね。

目次

セイバンのモデルロイヤルとgrirose(グリローズ)を10個の項目で比較しました!

デザインで比較デザインの種類ついて比較してみました
カラーで比較カラーについて比較しました
収納力で比較マチ幅など収納力について比較しました
サイズで比較ランドセルサイズついて比較しました
料金で比較希望小売価格や割引価格について比較しました
耐久性で比較耐久性について比較しました
重さで比較重さについて比較しました
素材で比較素材について比較しました
快適性で比較快適性について比較しました
保証で比較保証について比較しました

上記の10個の項目で「モデルロイヤル」と「grirose(グリローズ)」を比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)をデザインで比較

デザインで比較 モデルロイヤルgrirose(グリローズ)
デザインの数5種類5種類
デザインの種類・クリスタル
・ナチュール
・コスメ
・アリス
・クラシック
・フルールグロス
・フルールセミグロス
・コフレパール
・プレミエマット
・ユルバントーン

セイバン「天使の羽」で人気のあるモデルロイヤルと華やかな艶が特徴のgrirose(グリローズ)は、どちらも女の子に人気のランドセルです。そこで、それぞれどのようなデザインがあるのかを比較してみました。

モデルロイヤルでは、5種類の可愛いデザインがありそれぞれに特徴があります。

  • クリスタルガラスや雪の結晶がモチーフとなった刺繍が可愛い「モデルロイヤル クリスタル」
  • 花と小鳥の刺繍でナチュラルな可愛さがある「モデルロイヤル ナチュール」
  • 鏡や香水瓶のイメージでコスメの世界観で大人びたイメージの「モデルロイヤル コスメ」
  • 魔法の鏡やお城などでファンタジーな世界観で可愛い「モデルロイヤル アリス」
  • 立体感のあるイチョウ盛りが可愛い「モデルロイヤル クラシック」

一方、grirose(グリローズ)のデザインは5種類で特徴は以下のとおりです。

  • エナメル調でぱっと目を惹く華やかさのイメージがある「フルールグロス」
  • 控えめで大人びてほんのりとした艶が綺麗な「フルールセミグロス」
  • 上品な煌めきと丸みのある可愛いシルエットが特徴の「コフレパール」
  • エレガントなステッチと上品な内装が可愛い「プルミエマット」

『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』の2つを比較してみると、どちらもランドセルのデザインが豊富で女の子らしい可愛いデザインとなっています。

世界観があるデザインが好みなら『モデルロイヤル』、シンプルながらも華やかさのあるランドセルなら『grirose(グリローズ)』と、好みのデザインに合わせてランドセルを選んでみてくださいね。

モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)をカラーで比較

カラーで比較モデルロイヤルgrirose(グリローズ)
カラーの数14種類18種類
カラーバリエーション・シャーベットピンク
・シャーベットミント
・パステルパープル
・ミルクティベージュ
・マーメイドグリーン
・ビビットピンク
・ジュエルホワイト
・アクア
・カシスピンク
・キャメル
・パールピンク
・パールパープル
・パールグリーン
・パールブルー
・ドリームピンク
・マイルージュ
・スイートパンジー
・フレンチグレー
・ステラネイビー
・ノワールノワール
・シュガークリーム
・リトルフラミンゴ
・アイスブルー
・レースラベンダー
・フェアリーグリーン
・モーニングブルー
・カームライラック
・ビターフランポワーズ
・クラシックチェリー
・カフェトープ
・シャンパン
・モカ

ランドセルはデザインだけでなく、カラーも重視したいと思っている女の子も多いのではないでしょうか。そこで、モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)のランドセルカラーについて比較してみます。

モデルロイヤルでは、デザインごとにカラーを選択できるだけでなく、クリスタルでは本体カラーと刺繍部分の組み合わせカラーがあるので、ランドセル選びも楽しくなりそうですね。

クリスタル全10カラー・シャーベットピンク×アクア
・シャーベットピンク×ベビーピンク
・ミルクティベージュ×ベビーピンク
・マーメイドグリーン×シャーベットミント
・パステルパープル×ベビーピンク
【公式オンラインストア限定】
・ビビットピンク×ベビーピンク
・アクア×シャーベットミント
・カシスピンク×ベビーピンク
【直営限定】
・ジュエルホワイト×シャーベットミント
ナチュール全5カラー・ミルクティベージュ
・ビビットピンク
・パステルパープル
・シャーベットミント
【公式オンラインストア限定】
・キャメル
コスメ全4カラー・パールグリーン
・パールパープル
・パールブルー
・パールピンク
アリス全5カラー・シャーベットピンク
・ミルクティベージュ
・シャーベットミント
・カシスピンク
【公式オンラインストア限定】
・パステルパープル
クラシック全10カラー・パステルパープル
・カーマインレッド
・サックス
・メイプル
・ブラック
・マリンブルー
【公式オンラインストア限定】
・ヴィンテージピンク
・ミルクティベージュ
・ネイビー
・フォレストグリーン

カラーによっては公式オンラインストアや直営店限定のカラーがあるので、見逃しのないようにチェックしておいてください。

また、クラシックでは、通常カラー6色に対してカブセ裏カラーを選ぶことができます。カブセ裏の種類は以下の7種類となっているので、ぜひ確認してみてくださいね。

  • ドットピンク
  • ドットサックス
  • フラワー
  • プリンセス
  • ストライプ
  • チェック
  • 総柄

一方、grirose(グリローズ)のカラーバリエーションは全部で20種類となっており、やはりデザインごとに選べるカラーに違いがあるのでぜひチェックしてみてください。

フルールグロス全6カラー・ドリームピンク
・マイルージュ
・スイートパンジー
・フレンチグレー
・ステラネイビー
・ノワールノワール
フルールセミグロス全2カラー・フレンチグレー
・ドリームピンク
コフレパール全4カラー・シュガークリーム
・リトルフラミンゴ
・アイスブルー
・レースラベンダー
プレミエマット全6カラー・フェアリーグリーン
・モーニングブルー
・カームライラック
・ビターフランポワーズ
・クラシックチェリー
・カフェトーブ
ユルバントーン全2カラー・シャンパン×ブラウン
・モカ×グレージュ

「ユルバントーン」のみ、カブセフチとのツートンカラーとなっているので、ぜひ確認してみてくださいね。

『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』のランドセルを比較してみると、ややgrirose(グリローズ)の方が取り扱っているカラーが多くなっていますが、どちらもカラーバリエーションが豊富です。

原色カラーが好みなら『モデルロイヤル』、淡いパステルカラーが好みなら『grirose(グリローズ)』でお気に入りのランドセルカラーを探してみてはいかがでしょうか。

モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)を収納力で比較

収納力で比較モデルロイヤルgrirose(グリローズ)
A4ファイル収納対応対応
タブレット収納対応対応
収納ポケットありあり

荷物が多くなりがちな小学生にとって、ランドセルの収納力は重要ですよね。特に、授業で使用する機会が増えているタブレットはしっかりとランドセルに入れて通学したいものです。そこで、2つのランドセルの収納力について比較してみます。

モデルロイヤルでは、収納ポケットもあり、A4ファイルやタブレットも十分に収納できるランドセルとなっているので、収納力に問題はないでしょう。

同様に、grirose(グリローズ)も大容量の収納ポケットが付属されており、ランドセル内のA4ファイルやタブレットの収納に問題はなく、iPad Pro12.9インチでも収納可能なランドセルとなっています。

どちらのランドセルも、荷物が増える高学年になっても安心して使用できるランドセルの収納力だと言えるでしょう。

モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)をサイズで比較

サイズで比較モデルロイヤルgrirose(グリローズ)
内寸(約cm)高さ31.0、幅23.5高さ31.0、幅23.5
外寸(約cm)高さ33.5、幅26.5高さ33.0、幅26.5
内寸マチ幅(約cm)12.012.5

からだの小さな新1年生がランドセルを背負うと、ランドセルに背負われてしまっているような微笑ましい姿が目に浮かぶ人も多いことでしょう。そこで気になるランドセルの大きさについて、モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)を比較してみました。

結論として、『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』のランドセルサイズを比較しても、外寸と内寸のサイズは同じサイズとなっていました。

ただし、内寸のマチ幅には若干の違いがあり、『モデルロイヤル』は12.0cm、『grirose(グリローズ)』は12.5cmとなっており、『grirose(グリローズ)』の方がややマチ幅が広くなっていることがわかります。

ランドセルサイズに大きな差のない『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』ですので、デザインやカラー、素材や料金などで検討してみてはいかがでしょうか。

モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)を料金で比較

料金で比較モデルロイヤルgrirose(グリローズ)
小売価格(税込)64,900円~80,300円71,000円~81,000円
早期割引価格(税込)58,410円~72,270円

ここで、保護者の方が一番気になると言っても過言ではないランドセル価格を紹介します。ランドセル工業会による調査では、2022年4月のランドセル平均価格は56,425円となっていますが、『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』では、どのような価格となっているのかを比較してみましょう。

モデルロイヤルでは、デザインの種類ごとに小売価格に違いがあるので注意しておいてください。また、2023年10月1日までの購入なら早期割引価格が適用されるので、ぜひ確認しておきましょう。

  • クリスタル:71,500円≪早期割引価格64,350円≫
  • ナチュール:64,900円≪早期割引価格58,410円≫
  • コスメ:75,900円≪早期割引価格68,310円≫
  • アリス:80,300円≪早期割引価格72,270円≫
  • クラシック:60,500円≪早期割引価格54,450円≫
  • クラシックMyStyleカブセ裏オーダー(ドットピンク、ドットサックス、ストライプ):62,700円≪早期割引価格56,430円≫
  • クラシックMyStyleカブセ裏オーダー(フラワー、プリンセス):66,000円≪早期割引価格59,400円≫
  • クラシックMyStyleカブセ裏オーダー(チェック、総柄):63,800円≪早期割引価格57,420円≫

クラシックMyStyleカブセ裏オーダーのみ、カブセ裏の種類によって価格が違うのでよく確認が必要です。

一方、grirose(グリローズ)でもデザインごとにランドセル価格が相違します。

  • フルールグロス:77,000円
  • フルールセミグロス:71,000円
  • コフレパール:73,000円
  • プルミエマット:76,000円
  • ユルバントーン:81,000

grirose(グリローズ)には早期購入割引はありませんが、人気のあるランドセルのため早めに購入を検討する方が良さそうです。

『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』を料金で比較してみると、どちらも2022年4月の平均価格よりも高いランドセルとなっています。

早期購入割引が適用される『モデルロイヤル』の方が少しでも価格を抑えて、女の子に人気のランドセルを購入できるのでぜひチェックしてみてくださいね。

モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)を耐久性で比較

耐久性で比較モデルロイヤルgrirose(グリローズ)
型崩れ防止321構造丈夫な樹脂素材
コーナー部分2重巻き補強

ランドセルは、長期間使用していると型崩れしてしまうのではと心配する保護者の方も多いことでしょう。そこでモデルロイヤルとgrirose(グリローズ)を耐久性で比較してみました。

モデルロイヤルでは、マチ部分の素材が2重構造、3面一体型の構造によって型崩れが防止されています。さらに、気になるランドセルのコーナー部分には、擦り傷防止のため2重巻き補強が施されているので、耐久性に優れたランドセルだと言えるでしょう。

一方、grirose(グリローズ)では丈夫な樹脂素材を使用することで、ランドセルの型崩れを防止しています。

『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』を耐久性で比較すると、どちらも型崩れ防止を施されているので、安心して使用できるランドセルだと言えます。

活発な子供のランドセルで十分な耐久性を備えたランドセルが欲しいなら、コーナー部分にも2重巻き補強のある『モデルロイヤル』を検討してみてはいかがでしょうか。

モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)を重さで比較

重さで比較モデルロイヤルgrirose(グリローズ)
重さ(g)1,240~1,3001,230

荷物の多い小学生ですので、少しでもランドセル本体は軽い方が良いでしょう。そこで、モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)のランドセルについて、重さを比較してみました。

モデルロイヤルでは、デザインよってランドセルの重さに違いがあります。

  • クリスタル:1,290g
  • ナチュール:1,250g
  • コスメ:1,240g
  • アリス:1,300g
  • クラシック:1,280g
  • クラシックMySytleカブセ裏オーダー:1,280g

一方、grirose(グリローズ)はすべてのデザインが1,230gほどの重さとなっています。

ランドセルの平均的な重さは1,100~1,300gと言われており、『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』のどちらもランドセルは平均的な重さだと言えます。

2つのランドセルを比較すると、『grirose(グリローズ)』の方が若干軽くなっており、『モデルロイヤル』はデザインごとに重さが違うため、ランドセルの重さを重視するなら実際に背負って確認してみることをおすすめします。

モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)を素材で比較

素材で比較モデルロイヤルgrirose(グリローズ)
主素材【アンジュエールグロス】
・クリスタル
・ナチュール
・アリス
・クラシック(公式オンラインストア限定)
【アンジュエールパール】
・コスメ
【クラリーノ®エフ「レインガード®Fa」】
・クラシック
・クラシックMySytleカブセ裏オーダー
【人工皮革】
背中ブレスレザー人工皮革
肩ベルト裏ブレスレザー人工皮革

6年間という長い期間使用するランドセルは、やはり素材も気がかりになりますよね。モデルロイヤルとモデルロイヤルレジオでは、素材についてどのような違いがあるのか比較してみましょう。

モデルロイヤルでは、ランドセルのデザインによって主素材が相違するので、よく確認しておいてくださいね。

アンジュエールグロスは、ツヤのある表面で細かいキズが目立ちにくい素材となっています。また、「アンジュエールパール」は上品なパールで光沢感と透明感があり、やわらかい印象ですが耐久性に優れている素材です。

クラリーノ®エフ「レインガード®Fa」は、光沢に抑えた牛革のような手触りで雨に強い素材となっています。

また、モデルロイヤルの背中部分や肩ベルト裏には、すべてのデザインで「ブレスレザー」が使用されており、背中のムレが抑えられる素材となっています。

一方、grirose(グリローズ)では主素材だけでなく背中部分や肩ベルト裏にも人工皮革が使われており、水に強く本革のような手入れも必要がないので、お手入れが簡単な素材となっています。また、すべてのランドセルに防水加工が施されていることも特徴です。

さらに肩ベルトや持ち手には、反射材が使用されているので悪天候や日暮れでも、ライトが当たることで遠くからでも子供の位置を周囲に知らせてくれるランドセルとなっています。

『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』を素材で比較してみると、どちらも耐久性のある素材が使用されていますが、手触りや光沢感などに違いがあるので、好みが大きく影響すると言えるでしょう。

パールの光沢が好きな人なら『モデルロイヤル』のコスメ、キズが目立たない素材を選びたいなら『モデルロイヤル』のクリスタルやナチュール、アリスや公式オンラインストア限定のクラシックがおすすめです。

水に強くお手入れが簡単なランドセルなら、『grirose(グリローズ)』や『モデルロイヤル』のクラシックやクラシックMySytleカブセ裏オーダーがおすすめです。

ランドセルの素材で悩んだときには、光沢や質感、雨によるお手入れの手軽さなどを、デザインやカラーとともに検討してみてはいかがでしょうか。

モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)を快適性で比較

快適性で比較モデルロイヤルgrirose(グリローズ)
背中のクッション背中Wクッション2種類のクッション
背中通気構造 縦の通気構造U字の通気構造
背あてブレスレザー人工皮革

夏は猛暑、冬は厚めのアウターなどランドセルを背負って通学するうえで、快適性は重要ですよね。そこで、モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)の快適性について比較してみました。

モデルロイヤルは、低反発と高反発のダブル素材で背中にぴったりと密着する「背中Wクッション」が採用されており、背負い心地は快適となっています。夏場は背あての素材をブレスレザーを使用し、さらに縦の通気構造によってムレを抑えられるようになっています。

一方、grirose(グリローズ)では、柔らかい人工皮革の素材の中には固さの異なる2種類のクッション材が使用されており、背中にフィットする快適な背負い心地となっています。U字型のくぼみによる通気構造となっているので、夏場の快適性にも対応しています。

『モデルロイヤル』と『grirose(グリローズ)』を比較してみると、どちらも十分な快適性を持つランドセルだと言えますが、背あての素材にブレスレザーを使用している分、夏場は『モデルロイヤル』の方が快適さが増すと考えられます。

冬なら人工皮革を使用した『grirose(グリローズ)』が柔らかい素材で背負い心地が良くなることでしょう。

夏と冬、どちらの快適性を重視するかにもよりますが、やはりランドセル選びではデザインや手触り、カラーなどと合わせて検討するべきだと言えるでしょう。

モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)を保証で比較

保証で比較モデルロイヤルgrirose(グリローズ)
無料修理保証あり(6年間)あり(6年間)

大事に使っていても、思いもよらぬアクシデントでランドセルを損傷してしまうことも考えられます。ランドセルの価格は高額となっているので、モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)では、どのような修理保証があるのかを比較してみました。

結論として、モデルロイヤルとgrirose(グリローズ)は、どちらも6年間の無料修理保証があり、修理期間中は代替ランドセルを貸してもらうことができます。

ただし、どちらも使用に影響のないランドセルの故障は無料修理の対象とはなりません。また、故意にランドセルを故障させた場合も対象外となるので注意しておきましょう。

モデルロイヤルをおすすめな人はこんな人

  • 世界観のあるランドセルが欲しい人
  • 刺繍やクリスタルガラス、飾り鋲などが可愛いランドセルを探している人
  • カブセ裏のデザインもこだわりたい人

「モデルロイヤル」には5種類のデザインがあり、それぞれに多彩な世界観のあるランドセルとなっています。そのため、セイバンの女の子のランドセルの中では上位の人気となる可愛いデザインのランドセルとなっています。

特に、刺繍やクリスタルガラス、飾り鋲などもデザインごとに特徴があるため、子供の好みに合わせたランドセル選びが楽しめることでしょう。

さらに「モデルロイヤル」のクラシックMyStyleカブセ裏オーダーでは、6種類のランドセルカラーに、7種類のカブセ裏があり、全部で42通りとなるオリジナリティに溢れたランドセルを見つけることができるのでおすすめです。

grirose(グリローズ)をおすすめな人はこんな人

  • パステルカラーのランドセルを探している人
  • ツートン調のランドセルが欲しい人
  • 光るランドセルが欲しい人

「grirose(グリローズ)」のランドセルは、多くのカラーがパステル調となっているので、女の子らしい淡いカラーのランドセルを探している人にはピッタリです。特にコフレパールはパールの輝きと合わせて可愛いランドセルとなっているので、ぜひチェックしてみてください。

「grirose(グリローズ)」のユルバントーンでは、レザ調とキャンバス調の素材でアクセントを出すツートンカラーのランドセルとなっています。カラー1色では物足りないという人なら、ぜひツートンカラーのランドセルを確認してみましょう。

光るランドセルが欲しいなら「grirose(グリローズ)」がおすすめです。すべてのデザインで肩ベルトや持ち手に反射材が使用されいているので、暗くなってもライトに反射するので安心できますよ。

まとめ

今回は、天使のはねで人気のあるセイバン「モデルロイヤル」と可愛らしいデザインやカラーで人気の「grirose(グリローズ)」を、10個の項目で比較しながら女の子に人気のランドセルを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

デザインやカラーだけでなく、素材や快適性など様々な違いを知っていただけたと思います。

保護者の方が気になる価格もデザインやカラーで違いがあり、ランドセル購入の予算も検討できたのではないでしょうか。

ランドセルの種類は非常に多くなっているため、ぜひ比較記事を参考にしていただき、お気に入りのランドセルを見つけてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次