MENU

女の子のランドセル『モデルロイヤル』と『神田屋』を9項目で徹底比較してみた!

この記事では、「天使のはね」で人気のセイバン『モデルロイヤル』と、オーダーメイドのランドセルで有名な『神田屋』のランドセルを9項目で比較しながら紹介していきます。

ランドセル選びは、入学を楽しみにしている女の子にとって、とても重要なイベントとなっていることでしょう。

好みやイメージなどから、デザインやカラーなど目移りが多く、そのたびに「どんなランドセルなのだろう」と素材や価格などを確認している保護者の方も多いのではないでしょうか。

そこで、事前にランドセルの情報を知って、スムーズにランドセル選びができるよう、セイバンのランドセル『モデルロイヤル』、カルちゃんランドセルでお馴染みの『神田屋』を比較していくので、ぜひ参考にしてみてください。

デザインで比較デザインの種類ついて比較してみました
カラーで比較カラーについて比較しました
収納力で比較マチ幅など収納力について比較しました
サイズで比較ランドセルサイズついて比較しました
料金で比較希望小売価格や割引価格について比較しました
耐久性で比較耐久性について比較しました
重さで比較重さについて比較しました
素材で比較素材について比較しました
保証で比較ランドセル保証について比較しました

上記の9個の項目で「モデルロイヤル」と「神田屋」を比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

目次

モデルロイヤルと神田屋をデザインで比較

デザインで比較 モデルロイヤル神田屋
デザインの数5種類7種類
デザインの種類・クリスタル
・ナチュール
・コスメ
・アリス
・クラシック
・オーダーメイドランドセル
・かるかる ネオ
・トゥインクル パール
・トゥインクル クラシック
・フェアリー
・フリーラ
・トラディショナル(WEB限定)

ランドセル選びで最も重要とも言えるのは、デザイン選びだという女の子は多いのはないでしょうか。そこで、『モデルロイヤル』と『神田屋』のデザインを比較してみました。

モデルロイヤルには5種類のデザインがあり、それぞれに特徴があるのでぜひチェックしておいてください。

  • 雪の結晶やクリスタルガラス、可愛い刺繍があしらわれた「モデルロイヤル クリスタル」
  • ナチュラルな可愛さを求めた、花と小鳥の刺繍「モデルロイヤル ナチュール」
  • 大人びた世界観がモチーフで、鏡や香水瓶でコスメ感のある「モデルロイヤル コスメ」
  • ファンタジーな世界観で、お城や魔法の鏡のある「モデルロイヤル アリス」
  • 立体感のあるイチョウ盛りで可愛さを演出する「モデルロイヤル クラシック」

一方、神田屋のランドセルにも、7種類のデザインがあります。そのうちの1つはオーダーメイドであることから、自分らしさを演出できるランドセルだと言えるでしょう。

  • 10か所をそれぞれ好みのタイプにゲーム感覚で選べる「オーダーメイド」
  • シンプルなデザインの「かるかる ネオ」
  • プリンセスのイメージで可愛いさ溢れる「トゥインクル パール」
  • 大人びた色合いから落ち着いた雰囲気のある「トゥインクル クラシック」
  • 両サイドにある羽の刺繍がおしゃれな「フェアリー」
  • レースの飾りが特徴の「フローラ」
  • シンプルなランドセルで内張を選べる「トラディショナル(WEB限定)」

「オーダーメイド」では、以下の10か所を好みのタイプを自由に選ぶことができます。

  • ランドセル本体のカラー(全15色)
  • カブセのフチの色(全24色)
  • 刺繍部分の糸カラー(全17色)
  • カブセを止める金具(全2色)
  • 背中部分のカラー(全7色)
  • 両サイドのデザイン(全11種類)
  • カブセのステッチのデザイン(全5種類)
  • カブセ裏やランドセル本体の中のデザインカラー(全19種類)
  • 収納ポケット前のデザイン(全5種類)
  • ランドセルの取っ手部分の色合わせ(2種類)

『モデルロイヤル』と『神田屋』のランドセルをデザインで比較してみると、『神田屋』の方がデザインの種類がやや豊富であることがわかります。

世界観のあるランドセルが欲しいなら『モデルロイヤル』、オーダーメイドやシンプルな可愛さのあるランドセルを探しているなら『神田屋』と、女の子自身の好みによって選んでみてはいかがでしょうか。

モデルロイヤルと神田屋をカラーで比較

カラーで比較モデルロイヤル神田屋
カラーの数14種類24種類
カラーバリエーション・シャーベットピンク
・シャーベットミント
・パステルパープル
・ミルクティベージュ
・マーメイドグリーン
・ビビットピンク
・ジュエルホワイト
・アクア
・カシスピンク
・キャメル
・パールピンク
・パールパープル
・パールグリーン
・パールブルー
・カーマインレッド
・ブラック
・キャメル
・パールピンク
・パールラベンダー
・パールアクア
・シャンパンピンク
・アイボリー
・ミントグリーン
・コーラルピンク
・リッチライラック
・フラワーピンク
・ラベンダー
・ミルキーブルー
・ブラウン
・パウダーパープル
・ピンクベージュ
・グレージュ
・ミッドブルー
・ボルドー
・マリンブルー
・ミッドブルー
・ダークグリーン
・ダークブラウン

デザインや素材を際立たせてくれるのは、ランドセルカラーですよね。そのため、カラーからランドセルを選ぶ女の子も多いことでしょう。そこで『モデルロイヤル』と『神田屋』のランドセルカラーを比較してみました。

モデルロイヤルのランドセルカラーは、デザインによって選択できるカラーが違うので、デザインとカラーをセットで検討するようにしてくださいね。

クリスタル全10カラー・シャーベットピンク×アクア
・シャーベットピンク×ベビーピンク
・ミルクティベージュ×ベビーピンク
・マーメイドグリーン×シャーベットミント
・パステルパープル×ベビーピンク
【公式オンラインストア限定】
・ビビットピンク×ベビーピンク
・アクア×シャーベットミント
・カシスピンク×ベビーピンク
【直営限定】
・ジュエルホワイト×シャーベットミント
ナチュール全5カラー・ミルクティベージュ
・ビビットピンク
・パステルパープル
・シャーベットミント
【公式オンラインストア限定】
・キャメル
コスメ全4カラー・パールグリーン
・パールパープル
・パールブルー
・パールピンク
アリス全5カラー・シャーベットピンク
・ミルクティベージュ
・シャーベットミント
・カシスピンク
【公式オンラインストア限定】
・パステルパープル
クラシック全10カラー・パステルパープル
・カーマインレッド
・サックス
・メイプル
・ブラック
・マリンブルー
【公式オンラインストア限定】
・ヴィンテージピンク
・ミルクティベージュ
・ネイビー
・フォレストグリーン

公式オンラインストア限定のカラーは、「クリスタル」と「ナチュール」、「アリス」と「クラシック」です。また、「クリスタル」には直営店限定のカラーもあるので、購入する際には販売されている場所もチェックしておいてくださいね。

さらに「クラシック」を選ぶと、カブセ裏のデザインは以下の7種類から選ぶことができるので、よりランドセル選びが楽しくなることでしょう。

  • ドットピンク
  • ドットサックス
  • フラワー
  • プリンセス
  • ストライプ
  • チェック
  • 総柄

一方、神田屋のランドセルカラーは24種類ありますが、デザインごとにカラーが決まっているので、それぞれどんなカラーがあるのか、ぜひ以下の一覧を参考にしてみてください。

オーダーメイド全15カラー・ピンクベージュ
・コーラルプンク
・フラワーピンク
・カーマインレッド
・ボルドー
・リッチライラック
・ラベンダー
・ミントグリーン
・ミルキーブルー
・マリンブルー
・ミッドブルー
・ダークグリーン
・ブラック
・ダークブラウン
・キャメル
かるかる ネオ全4カラー・カーマインレッド
・ブラック
・キャメル
トゥインクル パール全4カラー・パールピンク
・パールラベンダー
・パールアクア
・シャンパンピンク
トゥインクル クラシック全4カラー・アイボリー
・ミントグリーン
・コーラルピンク
・リッチライラック
フェアリー全5カラー・フラワーピンク
・ラベンダー
・ミルキーブルー
・ブラウン
・キャメル
フローラ全4カラー・パウダーパープル×スノーピンク
・ピンクベージュ×アイボリー
・グレージュ×アイボリー
・ミッドブルー×ラベンダー

オーダーメイドでは、ランドセル本体のカラーだけでなく、21種類もあるカブセのふち色、17種類のステッチのカラー、7種類のカラーバリエーションの中から背中の部分の色など、自由自在に好みのランドセルに近づけることができますよ。

カブセのふち色21種類・ミルキーピンク
・ピンクベージュ
・コーラルピンク
・フラワーピンク
・カーマインレッド
・ボルドー
・リッチライラック
・ラベンダー
・ミントグリーン
・ミルキーブルー
・マリンブルー
・ミッドブルー
・ダークグリーン
・ブラック
・ダークブラウン
・キャメル
・ピンクハート
・ラベンダーハート
・ブラウンドット
・ゴールド
・シルバー
刺繍部分の糸の色17色・白
・うす桃
・桃いろ
・くれない
・ワイン色
・うす紫
・紫
・ミント
・水色
・あお
・濃紺
・みどり
・はだいろ
・黒
・こげ茶
・クルミ
・橙
カブセを止める金具2色・アンティークゴールド
・シルバー
背中部分のカラー7色・ナチュラル
・ベビーピンク
・ベビーブルー
・ベビーイエロー
・ラベンダー
・グレー
・ブラック
カブセ裏と本体の中のカラー19色・ハート(ピンク)
・ハート(ラベンダー)
・プリンセス(アクア)
・プリンセス(ラベンダー)
・ミントリボン
・フルール
・ブラウンドット
・フェリーチェ
・ストライプ(ブルー)
・ストライプ(ネイビー)
・ストライプ(ブラック)
・カモフラ(ブルー)
・ブラック
・キャメル
・ロイヤルリリー
・ハミング(内張り:キャメル)
・アドベンチャー(内張り:キャメル)
・プラネット(内張り:ブラック)
取っ手の色合わせ2種類・本体カラーと合わせる
・フチのカラーと合わせる

このように神田屋のオーダーメイドランドセルは、選べば選ぶほど自分だけのランドセルが出来上がることになるので、楽しみも倍増するのではないでしょうか。

『モデルロイヤル』と『神田屋』のランドセルカラーを比較してみると、神田屋の方がカラーバリエーションが豊富なだけでなく、オーダーメイドによって自分だけのランドセルができることから人気のランドセルとなっています。

パステルカラーなど可愛いランドセルが欲しい人には『モデルロイヤル』、隅々までデザインやカラーにこだわりたいという人には『神田屋』がおすすめです。

モデルロイヤルと神田屋を収納力で比較

収納力で比較モデルロイヤル神田屋
A4ファイル収納対応対応
タブレット収納対応対応
収納ポケットありあり

小学生の教材はA4サイズのものもあり、タブレットやA4ファイルを使用することも多くなってきています。そこで、ランドセルの収納について『モデルロイヤル』と『神田屋』を比較してみました。

モデルロイヤルのランドセルは、A4ファイルやタブレットなども十分に収納できるランドセルサイズとなっており、高学年になっても問題なく使用できるランドセルサイズです。

同様に、神田屋のランドセルも、A4ファイルやタブレットの収納も問題なく、A4用紙を閉じるファイルも収納できるランドセルとなっています。

『モデルロイヤル』と『神田屋』を収納力で比較してみたところ、どちらも十分な収納力を備えているので、教材が増える高学年になっても、安心できるランドセルだと言えます。

モデルロイヤルと神田屋をサイズで比較

サイズで比較モデルロイヤル神田屋
内寸(約cm)高さ31.0、幅23.5高さ31.0、幅23.0
外寸(約cm)高さ33.5、幅26.5(データなし)
内寸マチ幅(約cm)12.012.0
ピッタリ

低学年のうちは体が小さいため、ランドセルが大きく感じてしまいますよね。高学年になると気にならないランドセルサイズですが、実際はどんな大きさなのか気になることでしょう。そこで、『モデルロイヤル』と『神田屋』のランドセルサイズを比較してみましょう。

モデルロイヤルの内寸は高さ31.0cm、幅23.5cmあるので収納力があり、マチ幅も12.0cmあるので教科書やノートもなど十分に収納できる標準的なサイズだと言えます。

同様に、神田屋のランドセルサイズは外寸データは発表されていませんが、一般的な内寸サイズであることから、標準的なランドセルサイズだと考えられます。

『モデルロイヤル』と『神田屋』をランドセルサイズで比較してみると、どちらも同程度となっており入学を控えた女の子も安心して背負えるランドセルだと言えるでしょう。

モデルロイヤルと神田屋を料金で比較

料金で比較モデルロイヤル神田屋
小売価格(税込)64,900円~80,300円39,000円~98,000円
早期で購入した場合の割引価格(税込)58,410円~72,270円39,000円~90,000円

子供はデザインやカラーだけでランドセルを選びがちですが、保護者の方は価格が気になってしまうことはないでしょうか。ランドセル工業会によると、2022年4月のランドセル平均価格は56,425円でしたが、『モデルロイヤル』と『神田屋』のランドセル価格は、どのような設定となっているのかを比較しながらご紹介します。

モデルロイヤルでは、デザインの種類ごとに価格が設定されています。クラシックMyStyleカブセ裏オーダーは、カラーによって価格が相違するため、検討する際はよく確認しておいてくださいね。

  • クリスタル:71,500円≪早期割引価格64,350円≫
  • ナチュール:64,900円≪早期割引価格58,410円≫
  • コスメ:75,900円≪早期割引価格68,310円≫
  • アリス:80,300円≪早期割引価格72,270円≫
  • クラシック:60,500円≪早期割引価格54,450円≫
  • クラシックMyStyleカブセ裏オーダー(ドットピンク、ドットサックス、ストライプ):62,700円≪早期割引価格56,430円≫
  • クラシックMyStyleカブセ裏オーダー(フラワー、プリンセス):66,000円≪早期割引価格59,400円≫
  • クラシックMyStyleカブセ裏オーダー(チェック、総柄):63,800円≪早期割引価格57,420円≫

なお、早期割引価格が適用されるのは、2023年10月1日までの購入となっているので、早めの検討がおすすめします。

一方、神田屋のランドセルもデザインごとにランドセルの価格に違いがあります。オーダーメイドでは、素材の違いによる料金の相違もあり、両サイドのデザインや別途料金がプラスとなる場合もあるので、予算の都合がある方は必ず確認しておいてください。

  • オーダーメイド(クラリーノエフ):76,000円(特割価格:68,000円)
  • オーダーメイド(クラリーノレミニカ):81,000円(特割価格:73,000円)
  • オーダーメイド(クラリーノタフロックNEO):83,000円(特割価格:75,000円)
  • オーダーメイド(牛革):98,000円(特割価格:90,000円)
  • かるかるネオ:63,000円(特割価格:55,000円)
  • トゥインクル パール:73,000円(特割価格:65,000円)
  • トゥインクル クラシック:71,000円(特割価格:63,000円)
  • フェアリー:71,000円(特割価格:63,000円)
  • フリーラ:71,000円(特割価格:63,000円)
  • トラディショナル(WEB限定):39,000円

オーダーメイドで両サイドの種類によって下記のような料金設定があり、別途料金が発生するので参考にしてください。

両サイドのデザイン別途追加される料金(税込)備考
アーガイル
クローバー
ダブルライン
ベーシック
サンダー
タフガード3,000円補強材が増量されている
ナイト4,000円飾り鋲は選んだ金具の色と同じカラーになる
ルーブラインストーン3,000円ライトストーンとシルバーの飾り鋲を使用
クロスラインストーン4,000円ライトストーンとシルバーの飾り鋲を使用
シャイニーラインストーン5,000円刺繍はシルバーとゴールドのコンビカラー
※素材を牛革にすると選択できない
プレシャスラインストーン5,000円刺繍はシルバーとゴールドのコンビカラー
※素材を牛革にすると選択できない

神田屋の特割価格は、2023年7月31日まででしたが期間が延長されていますので、早めの検討をおすすめします。なお、WEB限定で販売される「トラディショナル」には特割価格は設定されていません。

『モデルロイヤル』と『神田屋』のランドセル価格について比較してみると、どちらも平均価格を超えていますが『神田屋』の「トラディショナル(WEB限定)」のみモデルチェンジ前に残っている素材を使って作るランドセルなので、手ごろな価格設定となっています。

しかし、『神田屋』の「オーダーメイド」を選ぶと追加の料金が発生するケースもあることから、『モデルロイヤル』の方が安定した価格だと言えるのではないでしょうか。

『モデルロイヤル』と『神田屋』では、どちらも早期購入に対する割引が行われていますが、『モデルロイヤル』は2023年10月1日まで、『神田屋』は期間延長中のため終了する期間が発表されていません。

どちらのランドセルであっても、少しでもお得に購入したいなら、早めに検討した方が良さそうですね。

モデルロイヤルと神田屋を耐久性で比較

耐久性で比較モデルロイヤル神田屋
型崩れ防止321構造ガード材で補強
コーナー部分2重巻き補強

小学校に通う6年間、安心してランドセルを使うためにもランドセルの耐久性は気になるところですよね。型崩れなどランドセルの耐久性について『モデルロイヤル』と『神田屋』を比較してみました。

モデルロイヤルでは、マチ部分の素材を2重構造とした「321構造」を採用しており、3面一体型の構造で型崩れを防止しています。また、コーナー部分が擦り切れてしまわないように、「2重巻き補強」が施されており耐久性に優れたランドセルだと言えます。

一方、神田屋のランドセル耐久性は、開口部や側面の内側にガード材を入れて補強することで、強い耐久性を保っています。

『モデルロイヤル』と『池田屋』の耐久性を比較してみると、どちらも型崩れ防止が施されており、十分な耐久性を持つランドセルだと言えます。

モデルロイヤルと神田屋を重さで比較

重さで比較モデルロイヤル神田屋
重さ(g)1,240~1,3001,100~1,400

高学年になると通学時の荷物が増えていることから、ランドセルの本体はできるだけ軽い方が良いですよね。そこで、モデルロイヤルと神田屋のランドセルを重さで比較してみました。

モデルロイヤルの重さは、デザインによって若干の違いがあります。

  • クリスタル:1,290g
  • ナチュール:1,250g
  • コスメ:1,240g
  • アリス:1,300g
  • フレンチリボン:1,270g

神田屋のランドセルも同様に、デザインや素材によりランドセルの重さが変わるので比較してみましょう。

  • オーダーメイド((クラリーノエフ):1,190g
  • オーダーメイド(クラリーノレミニカ):1,190g
  • オーダーメイド(クラリーノタフロックNEO):1,200g
  • オーダーメイド(牛革):1,390g
  • かるかるネオ:1,190g
  • トゥインクル パール:1,190g
  • トゥインクルクラシック:1,190g
  • フェアリー:1,190g
  • フリーラ:1,200g
  • トラディショナル(WEB限定):1,230g

『モデルロイヤル』と『神田屋』をランドセルの重さで比較すると、どちらも平均的なランドセルの重さだと言えます。

素材の違いがランドセルの重さに影響するので、重さが気になる人は素材とともにランドセル選びをすることがおすすめです。

モデルロイヤルと神田屋を素材で比較

素材で比較モデルロイヤル神田屋
主素材【アンジュエールグロス】
・クリスタル
・ナチュール
・アリス
・クラシック(公式オンラインストア限定)
【アンジュエールパール】
・コスメ
【クラリーノ®エフ「レインガード®Fa」】
・クラシック
・クラシックMySytleカブセ裏オーダー
【クラリーノエフ】
・オーダーメイド
・かるかるネオ
・トゥインクル クラシック
・フェアリー
・フローラ
【クラリーノレミニカ】
・オーダーメイド
・トゥインクル パール
【クラリーノタフロックNEO】
・オーダーメイド
【余っている素材から選択】
・トラディショナル(WEB限定)
背中【ブレスレザー】
・すべてのデザイン
【人工皮革ロベニカ】
・オーダーメイド(クラリーノエフ)
・オーダーメイド(クラリーノレミニカ)
・オーダーメイド(クラリーノタフロックNEO)
・かるかるネオ
・トゥインクル パール
・トゥインクル クラシック
・フェアリー
・フローラ
【ソフト牛革】
・オーダーメイド(牛革)
【余っている素材から選択】
・トラディショナル(WEB限定)
肩ベルト裏【ブレスレザー】
・すべてのデザイン
【人工皮革ロベニカ】
・オーダーメイド(クラリーノエフ)
・オーダーメイド(クラリーノレミニカ)
・オーダーメイド(クラリーノタフロックNEO)
・かるかるネオ
・トゥインクル パール
・トゥインクル クラシック
・フェアリー
・フローラ
【ソフト牛革】
・オーダーメイド(牛革)
【余っている素材から選択】
・トラディショナル(WEB限定)

ランドセルに使用される素材は、手触りだけでなくカラーのツヤや耐久性、重さにも影響するので、ぜひ確認しておいて欲しいポイントでもあります。そこで『モデルロイヤル』と『神田屋』の素材について比較してみました。

モデルロイヤルのランドセルでは、デザインによる主素材の違いがあります。

「アンジュルールグロス」が使用されているのは、クリスタルやナチュール、アリスやクラシック(公式オンラインストア限定)で、表面にツヤがあり細かいキズが目立ちにくい素材となっています。

上品なパールで光沢感と透明感のある「アンジュエールパール」はコスメの主素材となっています。

クラシックやクラシックMySytleカブセ裏オーダーの主素材である「クラリーノ®エフ「レインガード®Fa」」は、牛革の光沢を抑えて雨に強い素材だと言えます。

背中部分や肩ベルト裏の素材には、夏場の肩や背中のムレを抑える「ブレスレザー」が使用されており、耐久性や快適性に優れています。

一方、神田屋のランドセルもデザインにより主素材に違いがあるので見ていきましょう。

軽くて雨にも強い人口皮革の「クラリーノエフ」は、オーダーメイドやかるかるネオ、トゥインクル クラシックやフェアリー、フローラで使用されています。

光沢感が特徴の「クラリーノレミニカ」は傷に強く、オーダーメイドやトゥインクル パールの主素材で、傷に強い耐久性を持つ「クラリーノタフロックNEO」はオーダーメイドで指定できます。

背中や肩ベルト裏には、「人工皮革ロベニカ」が使用されており傷に強い耐久性を持っており、オーダーメイドの牛革のみ柔らかさのある「ソフト牛革」が素材です。

『モデルロイヤル』と『神田屋』を素材で比較してみると、光沢のあるランドセルが欲しい人なら『モデルロイヤル』だと「クリスタル」や「ナチュール」、「アリス」や「クラシック(公式オンラインストア限定)」、「コスメ」となり、『神田屋』だと「オーダーメイド(クラリーノレミニカ)」や「トゥインクル パール」がおすすめです。

また、背中のムレが気になる人ならブレスレザーを使用している『モデルロイヤル』が良いかもしれませんね。

モデルロイヤルと神田屋を保証で比較

保証で比較モデルロイヤル神田屋
無料修理保証6年間の無料保証6年間の無料保証

6年間使用していると、思わぬアクシデントによってランドセルの修理が必要となってしまうことも考えられます。そこで気になる修理費用について『モデルロイヤル』と『神田屋』を比較してみました。

結論として、『モデルロイヤル』と『神田屋』は6年間の修理保証があり、無料で修理を行ってもらうことが可能です。また、修理期間中は代わりのランドセルを貸し出ししてもらえるので、保護者の方も安心ですね。

ただし、ランドセルの使用に問題がない素材の傷や落書きなど、無料修理の対象外となってしまうケースがあります。修理に出してから有償修理となる旨の連絡が来る場合も考えられることも覚えておいてください。

モデルロイヤルをおすすめな人はこんな人

  • 好みの世界観があり、イメージに合わせたデザインのランドセルを探している人
  • 可愛い飾り鋲などがついたランドセルが欲しい人
  • カブセ裏のデザインもこだわりたい人

「モデルロイヤル」には5種類のデザインがあり、それぞれに独特の世界観を演出しています。ファンタジーやコスメ、クリスタルなどに興味がある人なら、ランドセル選びもきっと楽しくなることでしょう。

雪の結晶型やお花、宝石とリボンやティアラなどをモチーフとした飾り鋲は、可愛いワンポイトとなって女の子に段人気です。世界観にこだわりたい人には「モデルロイヤル」がピッタリのランドセルだと言えますね。

ランドセルのデザインだけでなくカブセ裏までオシャレを楽しみたい人には、「モデルロイヤル」クラシックMyStyleカブセ裏オーダーがおすすめです。6種類のランドセルカラーの中から、7種類のカブセ裏を選ぶことができるので、オリジナリティあふれるランドセルを見つけることができますよ。

神田屋をおすすめな人はこんな人

  • 飽きないシンプルなデザインのランドセルを探している人
  • 反射材が使用されているランドセルが欲しい人
  • オーダーメイドで自分だけのランドセルを作りたい人

「神田屋」のランドセルは、デザインがシンプルのため長く使っていても飽きることがありません。大人びてくる高学年になったときを考えてシンプルなデザインのランドセルを探している人にはおすすめです。

「神田屋」のランドセルには、カブセ下や肩ベルト、両サイドに反射材が使用されています。悪天候や夕暮れになるとライトに反射するランドセルが欲しい人におすすめですよ。

自分らしいランドセルを探しているなら「神田屋」のオーダーメイドがおすすめです。デザインやカラーだけでなく、背中部分の色や金具、内張りや収納ポケットのデザインまで好みのタイプをゲーム感覚で選択できてしまうのです。年間制作数が限定されているので、「神田屋」オーダーメイド申込状況を確認して早めに検討してくださいね。

まとめ

今回は、女の子のランドセルの中でも高い人気を誇るセイバンの「モデルロイヤル」と「神田屋」を9つの項目で比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。

可愛いデザインが魅力の「モデルロイヤル」は、女の子が持つ世界観を表現できるランドセルですね。一方、「神田屋」のランドセルはシンプルなデザインだけでなく、オーダーメイドで自分だけのランドセルを手に入れることができる魅力があります。

デザインやカラー、素材や価格など、それぞれの特徴を事前に知っておくことで、楽しいランドセル探しにきっと役立つことだと思います。

6年間という長い小学校生活を一緒に過ごすランドセルですので、デザインのイメージや使い勝手など、たくさん比較しながらお気に入りのランドセルを見つけてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次