MENU

男の子に人気のランドセル『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』を9項目で徹底比較!

この記事では、セイバンランドセルで男の子に人気のある『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』について、9つの項目ごとに徹底比較しながら紹介します。

ランドセル選びは、豊富なデザインやカラーで、見れば見るほど目移りしてしまいがちですよね。子供が気に入ったランドセルを見つけるごとに素材や重さ、そして価格を確認してまわる保護者も多いのではないでしょうか。

デザインやカラーだけで選ぼうとする子供とは違い、保護者の方は様々なことを調べていると思います。

そこで今回は、保護者の方が気になる男の子のランドセル選びについて、『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』を比較しながら詳しく解説していきます。ぜひ購入前に比較記事をランドセル選びの参考に役立ててください。

目次

モデルロイヤル・レジオとホマレを9個の項目で徹底比較しました!

デザインで比較デザインの種類ついて比較してみました
カラーで比較カラーについて比較しました
限定商品で比較販売や数量限定について比較しました
価格で比較価格について比較しました
サイズや収納力で比較サイズや収納力、について比較しました
素材で比較素材について比較しました
重さで比較重さについて比較しました
耐久性で比較耐久性について比較しました
修理保証比較修理保証について比較しました

上記の9個の項目で「モデルロイヤル・レジオ」と「ホマレ」を比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

モデルロイヤル・レジオとホマレをデザインで比較

デザインで比較モデルロイヤル・レジオホマレ
デザインの数2種類2種類
デザインの種類・スマート
・ノワール
・アンティークコードバン
・プレミアムレザー

ランドセル選びで気になるのは、やはりデザインだという男の子は多いことでしょう。そこで、モデルロイヤル・レジオとホマレについてデザインを比較してみました。

モデルロイヤル・レジオは、2種類のデザインがあり、どちらも大人びたデザインとなっているランドセルです。「スマート」は立体的なエッジが特徴のスタイリッッシュなランドセル、「ノワール」はエレガントな雰囲気が特徴のランドセルとなっています。

一方、ホマレにも2種類のデザインがあり、「アンティークコードバン」と「プレミアムレザー」どちらも本革のランドセルで高級感があり、太陽をイメージした飾り鋲と両サイドにあるダイヤ柄の反射テープが特徴です。

『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』をデザインで比較してみると、どちらも大人びたランドセルだと言えます。

スタイルの良さがあるランドセルなら『モデルロイヤル・レジオ』の「スマート」、反射テープのあるランドセルを探しているなら『ホマレ』の「アンティークコードバン」や、「プレミアムレザー」がおすすめです。

モデルロイヤル・レジオとホマレをカラーで比較

カラーで比較モデルロイヤル・レジオホマレ
本体カラー・ブラック
・ダークグレー
・ダークネイビー
・ブラック
・キャメル
・カーマインレッド

デザインとともに、ランドセル選びで最後まで悩むのはカラーだという人は多いことでしょう。そこで、モデルロイヤル・レジオとホマレの、ランドセル本体カラーを比較してみました。

モデルロイヤル・レジオの「スマート」は、ランドセルのスタイルを引きだたせるカラーとして、3種類の色から選ぶことができます。

  • ブラック
  • ダークグレー
  • ダークネイビー

また、「ノワール」では本体カラーはブラックのみですが、収納ポケットのカラーには、ブラックとブラウンの2種類があります。

一方、ホマレには「アンティークコードバン」と「プレミアムレザー」それぞれ、ブラック、キャメル、カーマインレッドの3種類のカラーがあります。

『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』をランドセルカラー比較してみると、『モデルロイヤル・レジオ』は深みのあるブラック系のカラーですが、『ホマレ』ではキャメルやカーマインレッドがあります。

どちらのランドセルも、高級感のあるランドセルとなっているので、カラーだけでなくデザインや素材なども合わせて比較することがおすすめです。

モデルロイヤル・レジオとホマレを限定商品で比較

限定商品で比較モデルロイヤル・レジオホマレ
数量限定なしなし
公式オンラインストア限定なしアンティークコードバン
プレミアムレザー
取り扱い店舗限定なしなし
直営店限定なしアンティークコードバン
プレミアムレザー
イオン限定なしなし

販売されているランドセルの中には、限定販売となっている場合があることをご存じでしょうか。ランドセルを探しに行ったら販売されておらず、デザインの存在すら知らなかったという人は、少なくありません。そこで、モデルロイヤル・レジオとホマレを、限定商品について比較してみました。

モデルロイヤル・レジオには、限定販売となるランドセルはありません。ただし、早期購入割引を適用して購入する場合は、直営店や公式オンラインストア限定となっているので、注意しておいてくださいね。

一方、ホマレの「アンティークコードバン」と「プレミアムレザー」は通常価格で購入する場合も、直営店と公式オンラインストアでしか購入することができません。もちろん適用期間なら、早期割引価格でお得に購入することが可能です。

『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』の限定商品について比較してみると、『ホマレ』は購入先が限定されているため、お友達とは一味ちがったランドセルを購入できると言えるでしょう。

モデルロイヤル・レジオとホマレを価格で比較

価格で比較モデルロイヤル・レジオホマレ
小売希望価格(税込)77,000円~82,500円82,500円~93,500円
早期割引価格(税込)69,300円~74,250円74,250円~84,150円

子供よりも保護者の方が気になってしまうランドセルの価格は、デザインやカラー、素材によって大きな差があります。それではモデルロイヤル・レジオとホマレの料金を比較してみましょう。

デルロイヤル・レジオでは、デザインによって価格に違いがあります。

  • スマート:77,000円(早期割引価格:69,300円)
  • ノワール(PC収納ポケットあり):82,500円(早期割引価格:74,250円)
  • ノワール(PC収納ポケットなし):80,300円(早期割引価格:72,270円)

一方、ホマレもデザインごとに価格が異なり、「アンティークコードバン」が93,500円(早期割引:84,150円)、「プレミアムレザー」が82,500円(早期割引:74,250円)となっています。

『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』を価格について比較してみると、『ホマレ』の方がワンランク高い価格となっていることがわかります。

2022年4月におけるランドセルの平均価格は56,425円となっているので、どちらもランドセルの平均を大きく上回る価格となっています。そのため、『モデルロイヤル・レジオ』や『ホマレ』の購入を検討している人は、早期割引価格が適用される2023年10月1日までの購入がおすすめです。

モデルロイヤル・レジオとホマレをサイズや収納力で比較

サイズや収納力で比較モデルロイヤル・レジオホマレ
内寸(約cm)高さ:31.0、幅23.5高さ:31.0、幅23.5
外寸(約cm)高さ:33.5、幅26.5高さ:33.5、幅26.5
マチ幅(約cm)内寸:12.0、外寸:20.5内寸:12.0、外寸:20.5
A4ファイルやタブレット収納対応対応
ノートPCやタブレット収納ポケットあり
※ノワールのみ
なし

ランドセルの収納力は、荷物の多い小学生にとって大切ですよね。しかし収納力があってもランドセルの本体サイズが大きすぎるのも困るという人は多いことでしょう。そこで、モデルロイヤル・レジオとホマレについて、サイズや収納力で比較してみました。

結論として、『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』は、どちらも一般的なランドセルサイズとなっており、タブレットやA4ファイルなども問題なく収納できるランドセルとなっています。

ただし、『モデルロイヤル・レジオ』の「ノワール」には、ノートパソコンやタブレットを安全に持ち運びできる専用収納ポケットを装備することが可能です。ただし、専用収納ポケットのあるランドセルは、価格や重さに影響があるため、よく確認するようにしておいてくださいね。

モデルロイヤル・レジオとホマレを素材で比較

素材で比較モデルロイヤル・レジオホマレ
主素材【アンジュエールタフプラス】
・スマート
・ノワール
【牛革】
・アンティークコードバン
・プレミアムレザー
背中・肩ベルト裏【ブレスレザー】
・スマート
・ノワール
【牛革】
・アンティークコードバン
・プレミアムレザー

ランドセルの見た目や手触りが変わるだけでなく、価格や耐久性などにも影響するランドセルの主素材はについて、モデルロイヤル・レジオとホマレを比較してみました。

モデルロイヤル・レジオは、「スマート」と「ノワール」2つのデザインともに同じ素材となっています。主素材には、雨や傷、汚れにも強い『アンジュエールタフプラス』、背中や肩ベルト裏には、汗やムレに強く快適性に優れた『ブレスレザー』が使用されています。

一方、ホマレでも「アンティークコードバン」と「プレミアムレザー」で、主素材・背中や肩ベルト裏に手触りがよく耐久性に優れた『牛革』が使用されています。なお、「アンティークコードバン」のカブセには、キング・オブ・レザーと呼ばれる最高級の牛革『コードバン』が使用されています。

『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』を素材で比較してみると、耐久性と快適性を合わせ持っているのは『モデルロイヤル・レジオ』、見た目や手触りなどすべてが高級で耐久性のある素材となっているのは『ホマレ』だと言えます。

モデルロイヤル・レジオとホマレを重さで比較

重さで比較モデルロイヤル・レジオホマレ
重さ(g)1,290~1,4401,150~1,210

収納力の高さに比例して、ランドセルも重たくなっているのではと気になる人も多いことでしょう。そこで、モデルロイヤル・レジオとホマレの重さについて比較してみました。

モデルロイヤル・レジオのランドセル本体の重さは、デザインにより異なります。さらに、「ノワール」では、収納ポケットの有無を選べることから、重さに違いが出ています。

  • スマート:1,330g
  • ノワール(PC収納ポケットあり):1,440g
  • ノワール(PC収納ポケットなし):1,290g

また、ホマレもデザインごとに重さが違い、「アンティークコードバン」は1,550g、「プレミアムレザーでは1,470gとなっています。

『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレを』を重さで比較すると、『モデルロイヤル・レジオ』の「スマート」や収納ポケットのない「ノワール」は、比較的軽いランドセルとなっています。

ランドセルの平均的な重さは、1,100~1,300gとなっているので、収納ポケットがある『モデルロイヤル・レジオ』の「ノワール」や、『ホマレ』の2つのデザインは、ランドセルの重さが気になる場合があると考えられます。

モデルロイヤル・レジオとホマレを耐久性で比較

耐久性で比較モデルロイヤル・レジオホマレ
型崩れ防止321構造321構造
コーナー部分2重巻き補強2重巻き補強

活発な小学生の男の子には、毎日使うランドセルに耐久性が求められますよね。そこで、モデルロイヤル・レジオとホマレの耐久性を比較してみました。

結論として、『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』は、セイバン「天使のはね」ランドセルとして、面一体構造とマチ部分の芯材が2重構造とすることで、型崩れが防止されている『321構造』と、擦り切れやすいコーナー部分へ『2重巻き補強』が標準装備となっています。

どちらも十分な耐久性を備えたランドセルとなっているので、安心して使用することができますよ。

モデルロイヤル・レジオとホマレを修理保証で比較

修理保証で比較モデルロイヤル・レジオホマレ
無料の修理保証あり(6年間)あり(6年間)

長い小学校生活のなかで、ハプニングやアクシデントで、ランドセルが壊れてしまったら困りますよね。そんなときは、ランドセルの修理が可能なのかについて、モデルロイヤル・レジオとホマレを比較してみました。

結論として、セイバンのランドセルには6年間の無料保証があり、『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』も故障した場合は無料で修理してもらうことが可能です。手元に保証書がなくても、無料修理保障の対応となるので安心です。

修理期間中は代わりのランドセルを貸してもらうことができますが、故意に破損させたランドセルは、無料修理保障の対象外となります。

モデルロイヤル・レジオをおすすめな人はこんな人

  • 大人っぽいランドセルが欲しい人
  • 雨や傷に強いランドセルが良い人
  • タブレットやPCの専用収納ポケットがついているランドセルを探している人

『モデルロイヤル・レジオ』は、立体的なエッジが光る「スマート」や、エレガントで光沢のある「ノワール」があり、どちらも大人っぽい魅力が特徴です。

また、『モデルロイヤル・レジオ』は、傷や汚れ、雨にも強いアンジュエール タフプラスが主素材となっているので、アクティブな男の子にピッタリなランドセルとなっています。

『モデルロイヤル・レジオ』の「ノワール」のみ、ノートパソコンやタブレットの専用収納ポケットを付搭載することができ、購入時に専用収納ポケットの有無を決めることができます。最近では授業でタブレットなどを使用することも多くなっているため、安全に持ち運びしたいという人にはおすすめです。

ホマレをおすすめな人はこんな人

  • 大人っぽっく高級感のあるランドセルが欲しい人
  • 耐久性のあるランドセルを探している人
  • 反射テープが搭載されたランドセルが欲しい人

『ホマレ』の最大の特徴は、高級感あふれるランドセルであることです。特に「アンティークコードバン」では、希少価値の高い馬のお尻の革を使ったコードバンが使用されているので、最高級のランドセルだと言えます。

牛革が主素材となっている『ホマレ』は非常に耐久性に優れており、「アンティークコードバン」に使用されているコードバンには、牛革の2~3倍の耐久性があります。

『ホマレ』には、両サイドにダイヤ型の反射テープが使用されています。暗くなったときや、悪天候のときにシンプルな反射をするランドセルを探している人にはおすすめです。

まとめ

この記事では、男の子に人気のあるセイバンランドセル「天使のはね」シリーズの『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』を、9項目について較しながら紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

『モデルロイヤル・レジオ』と『ホマレ』は、どちらも大人っぽいイメージのデザインとなっていますが、ランドセルの形状やカラー、素材など多くの違いがありましたね。

インスピレーションでランドセルを選ぶことも大切ですが、6年間、毎日使うランドセルなので、素材による耐久性などもチェックしておくことが大切です。

保護者の方は予算もあることでしょうから、事前にランドセルの特徴について調べておくことをおすすめします。その際には、ぜひ比較記事を参考にしていただき、より納得できるランドセル選びをして欲しいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次