MENU

男の子に人気のランドセル『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』を9項目で徹底比較!

この記事では、男の子に人気のあるセイバンのランドセル『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』について、9項目を比較しながら紹介していきます。

セイバンのランドセルと言えば「天使のはね」ですが、同じセイバンランドセルでも、デザインやカラーなど様々な種類があり、ランドセル選びが進まないという人も多いのではないでしょうか。

また、子供や孫が喜ぶランドセルをプレゼントしてあげたいと思いながらも、素材や耐久性、価格など気になることが多くて悩んでいる保護者や家族も多いことでしょう。

そこで今回は、ランドセル選びで押さえておきたいポイントについて、『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』を比較しながら紹介していきます。ぜひ参考にしていただき、ランドセル選びに比較記事を役立てて欲しいと思います。

目次

モデルロイヤル・レジオとプーマを9個の項目で徹底比較しました!

デザインで比較デザインの種類ついて比較してみました
カラーで比較カラーについて比較しました
限定商品で比較販売や数量限定について比較しました
価格で比較価格について比較しました
本体サイズや収納力で比較サイズや収納力について比較しました
素材で比較素材について比較しました
重さで比較重さについて比較しました
耐久性で比較耐久性について比較しました
修理保証比較修理保証について比較しました

上記の9個の項目で「モデルロイヤル・レジオ」と「プーマ」を比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

モデルロイヤル・レジオとプーマをデザインで比較

デザインで比較モデルロイヤル・レジオプーマ
デザインの数2種類3種類
デザインの種類・スマート
・ノワール
・スピードスター
・プレミアムエディション
・レーザービーム

ランドセル選びで一番楽しみなのは、やはりランドセルのデザインではないでしょうか。そこで『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』のデザインについて、比較してみました。

モデルロイヤル・レジオには、2種類のデザインがあります。「スマート」は立体的なエッジが魅力でスタイリッシュなデザインとなっており、「ノワール」はエレガントな雰囲気が特徴です。どちらのデザインも、大人っぽいイメージのデザインとなっています。

一方、プーマには3種類のデザインがあります。

  • 流れるような湾曲とプーマのロゴでスタイリッシュな「スピードスター」
  • アクセントカラーでサッカースタジアムをイメージする「プレミアムエディション」
  • ネオンカラーの反射材が特徴の「レーザービーム」

『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』のデザインを比較してみると、立体的でスタイリッシュなエッジスタイルやエレガントなイメージのある大人の魅力があるランドセルなら『モデルロイヤル・レジオ』、スポーツ好きやプーマブランドが好きな人には『プーマ』がおすすめです。

また、反射素材で光るランドセルを探しているには、全デザインが光る『プーマ』の検討がおすすめだと言えます。

モデルロイヤル・レジオとプーマをカラーで比較

カラーで比較モデルロイヤル・レジオプーマ
本体カラー【スマート】
・ブラック
・ダークグレー
・ダークネイビー
【ノワール】
・ブラック×ブラウン
・ブラック
【スピードスター】
・ネイビー×マニッシュグレー
・ブラック×カーマインレッド
・ブラック×マリンブルー
・ブラック×パールメタルレッド
・ブラック×パールメタルマリン
・マニッシュグレー×ブラック
【スピードスター(直営店限定モデル)】
・パールメタルレッド×ジュエルホワイト
・パールメタクマリン×ジュエルホワイト
【プレミアムエディション】
・ブラック×イエローグリーン
・ブラックカーマインレッド
・ブラック×マリンブルー
・ブラック×ゴールド
【プレミアムエディション(公式オンラインストア限定)】
・ブラックドビー×マリンブルー
【レーザービーム】
・マリンブルー
・ブラック×オレンジ
・ブラック×イエローグリーン
・ブラック×マリンブルー

ランドセル選びでは、デザインととも重要なのはカラーですよね。そこで、モデルロイヤル・レジオとプーマのランドセルカラーについて比較してみました。

モデルロイヤル・レジオでは、デザインごとにランドセルカラーに違いがあります。「スマート」は、ブラック・ダークグレー・ダークネイビーの3色から選ぶことができ、深みのあるカラー特徴です。

「ノワール」では、ランドセル本体のカラーはブラックのみとなっています。しかし収納ポケットの色は違う色にしたいという人向けに、ブラック×ブラウンがあり、収納ポケットのカラーがブラウンとなっています。通常のブラックのみのカラーを選んだ場合は、収納ポケットもブラックとなっています。

一方、プーマでもデザインごとにカラーが違いますが、カラーによっては直営限定や公式オンライン限定販売となっているので、見逃さないようにしておいてくださいね。

「スピードスター」のデザインには全部で8種類のカラーがありますが、そのうち本体カラーにパールメタルカラーが使われている2つのカラーは、直営店限定販売となっているので気をつけてくださいね。どのカラーも、ランドセル本体を縁取るアクセントカラーが特徴です。

同じく全5色の「プレミアムエディション」にも、公式オンラインストア限定のカラーがあります。どのカラーも、躍動感のあるステッチや、プーマのロゴがアクセントカラーとなっている特徴があります。

ランドセルの両サイドにある流れるアクセントカラーやプーマのロゴに、ネオンカラーが使われている特徴があります。

『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』をカラーで比較すると、大人びたブラックカラーが好みなら『モデルロイヤル・レジオ』、アクセントカラーが入ったランドセルが好みの人には『プーマ』がおすすめです。

モデルロイヤル・レジオとプーマを限定商品で比較

限定商品で比較モデルロイヤル・レジオプーマ
数量限定なしなし
公式オンラインストア限定なしプレミアムエディション
(ブラックドビー×マリンブルー)
取り扱い店舗限定なしなし
直営店限定なしスピードスター
(パールメタルレッド×ジュエルホワイト)
(パールメタルマリン×ジュエルホワイト)
イオン限定なしなし

気に入ったランドセルを見つけたのに、購入しに行ったら販売されていなかったという場合もあります。実は、ランドセルの中には限定販売となっていることもあるのです。そこで、モデルロイヤル・レジオとプーマを限定商品で比較してみましょう。

モデルロイヤル・レジオには、限定販売となっているデザインやカラーはありません。量販店など、比較的どこのランドセル売り場でも購入しやすいと言えるでしょう。

一方、プーマには一部のカラーのみ限定販売となっており、購入できる場所が限られています。

「スピードスター」のパールメタルレッド×ジュエルホワイト、パールメタルマリン×ジュエルホワイトの2つのカラーは、直営店限定となっています。

また「プレミアムエディション」のブラックドビー×マリンブルーは、公式オンラインストア限定の販売です。これら限定販売されているランドセルに興味がある人は、購入場所に注意しておいてくださいね。

『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』の限定商品について比較してみると、購入できる場所が限定されているランドセルがあるのは『プーマ』となっており、人とは違ったランドセルを探している人にはおすすめです。

ただし、どちらのランドセルも、割引が適用される早期購入には注意が必要です。直営店または公式オンラインストアで購入した場合のみ割引が適用されます。

モデルロイヤル・レジオとプーマを価格で比較

価格で比較モデルロイヤル・レジオプーマ
小売希望価格(税込)77,000円~82,500円73,700円~82,500円
早期割引価格(税込)69,300円~74,250円66,330円~74,250円

デザインやカラー、限定販売のランドセルを確認していると、価格が気になる保護者も多いのではないでしょうか。そこで、モデルロイヤル・レジオとプーマの価格について、比較してみたいと思います。

モデルロイヤル・レジオは、デザインごとに価格が違います。「ノワール」ではPCやタブレットの専用収納ポケットを選ぶことができるため、収納ポケットの有無による価格の違いにも注目です。

  • スマート:77,000円(早期割引価格:69,300円)
  • ノワール(PC収納ポケットあり):82,500円(早期割引価格:74,250円)
  • ノワール(PC収納ポケットなし):80,300円(早期割引価格:72,270円)

一方、プーマでもデザインやカラーによる価格の違いがあります。

  • スピードスター(ブラック×マニッシュグレー、ブラック×カーマインレッド、ブラック×マリンブルー、マニッシュグレー×ブラック):73,700円(早期割引価格:66,330円)
  • スピードスター(ブラック×パールメタルレッド、ブラック×パールメタルマリン):78,100円(早期割引価格:70,290円)
  • スピードスター(パールメタルレッド×ジュエルホワイト、パールメタルマリン×ジュエルホワイト):78,100円(早期割引価格:70,290円)
  • プレミアムエディション(ブラックドビー×マリンブルー以外):80,300円(早期割引価格:72,270円)
  • プレミアムエディション(ブラックドビー×マリンブルー):82,500円(早期割引価格:74,250円)
  • レーザービーム:75,900円(早期割引価格:68,310円)

『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』を比較してみると、どちらも同じくらいの価格となっていることがわかります。

2022年4月のランドセルの平均価格は56,425円だったので、どちらも平均より価格が高いランドセルだと言えます。2023年10月1日までに購入すれば早期割引価格が適用されるので、少しでもお得に購入したい人は、ぜひ早めに検討してみてくださいね。

モデルロイヤル・レジオとプーマを本体サイズや収納力で比較

価サイズや収納力で比較モデルロイヤル・レジオプーマ
内寸(約cm)高さ:31.0、幅23.5高さ:31.0、幅23.5
(スピードスター)
(プレミアムエデシヨン)
高さ:32.0、幅25.0
(レーザービーム)
外寸(約cm)高さ:33.5、幅26.5高さ:33.5、幅26.5
(スピードスター)
(プレミアムエデシヨン)
高さ:34.0、幅27.0
(レーザービーム)
マチ幅(約cm)内寸:12.0、外寸:20.5内寸:12.0、外寸:20.5
(スピードスター)
(プレミアムエデシヨン)
内寸:13.0、外寸:19.0
(レーザービーム)
A4ファイルやタブレット収納対応対応
ノートPCやタブレット収納ポケットあり
※ノワールのみ
なし

ランドセルを選ぶとき、実際に背負ったり手触りを確認することがよくありますが、収納力を確認するためにタブレットやA4ファイルを持っていく人は少ないかもしれませんね。そこで、モデルロイヤル・レジオとプーマについて、ランドセルの本体サイズや収納力について比較してみました。

モデルロイヤル・レジオでは、2つのデザインともにランドセル本体のサイズは一般的な大きさとなっています。A4ファイルやタブレットの収納も問題なく十分な収納スペースが確保されています。

ただし「ノーワル」のみ、ノートパソコンやタブレットを収納する専用の収納ポケットが搭載されており、不要な人は収納ポケット無しを選ぶことが可能です。

一方、プーマのランドセル本体サイズは、「スピードスター」や「プレミアムエディション」では一般的なサイズとなっていますが、「レーザービーム」のみ少しランドセルサイズが大きくなっており、収納力の違いが理由です。

一般的な収納力である「スピードスター」と「プレミアムエディション」と比較すると「レーザービーム」の方が、内寸のマチ幅が1cm広く、より収納力のあるランドセルとなっていることがわかります。

『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』をランドセルのサイズや収納力で比較すると、『モデルロイヤル・レジオ』の「ノワール」にはパソコンやタブレットの専用スペースがある特徴があります。タブレットなどをランドセル内で安全に収納しておきたいという人におすすめです。

また、『プーマ』の「レーザービーム」はマチ幅が広くなっていることから、収納力の高いランドセルを探している人にはおすすめだと言えるでしょう。

モデルロイヤル・レジオとプーマを素材で比較

素材で比較モデルロイヤル・レジオプーマ
主素材【アンジュエールタフプラス】
・スマート
・ノワール
【アンジュエールグロス】
・スピードスター
(ネイビー×マニッシュグレー)
(ブラック×カーマインドレッド)
(ブラック×マリンブルー)
(マニッシュグレー×ブラック)
【アンジュエールタフプラス】
・スピードスター
(ブラック×パールメタルレッド)
(ブラック×パールメタルマリン)
【アンジュエールパール】
・スピードスター
(パールメタルレッド×ジュエルホワイト)
(パールメタルマリン×ジュエルホワイト)
【クラリーン®エフ「レインガード®Fa」】
・プレミアムエディション
(ブラック×イエローグリーン)
(ブラック×カーマインレッド)
(ブラック×マリンブルー)
(ブラック×ゴールド)
・レーザービーム
【クラリーン®レミニカ®ドビー】
・プレミアムエディション
(ブラックドビー×マリンブルー)
背中・肩ベルト裏【ブレスレザー】
・スマート
・ノワール
【人工皮革】
・スピードスター
【ブレスレザー】
・プレミアムエディション
・レーザービーム

店舗でランドセル選びするときは、実際に触って確認することができるランドセルの素材ですが、素材名を確認してもわからないという人は多いのではないでしょうか。そこで、モデルロイヤル・レジオとプーマの素材について、詳しく解説しながら比較してみましょう。

モデルロイヤル・レジオの「スマート」と「ノワール」では、傷や雨、汚れに強い『アンジュエールタフプラス』が主素材となっています。背中や肩ベルト裏は、汗やムレに強い『ブレスレザー』が使用されています。

一方、プーマはデザインやカラーによって素材が違うので、1つずつ確認してみましょう。

「スピードスター」のブラック×パールメタルレッド、ブラック×パールメタルマリンでは、傷や汚れに強い『アンジュエールタフプラス』が主素材ですが、パールメタルレッド×ジュエルホワイト、パールメタルマリン×ジュエルホワイトの主素材には、美しい光沢が特徴の『アンジュエールパール』が使用されています。

それ他の「スピードスター」には『アンジュエールグロス』が使用されており、ツヤのある手触りが特徴です。

また、「プレミアムエディション」のブラックドビー×マリンブルーの主素材は、傷や汚れが目立ちにくい『クラリーン®レミニカ®ドビー』となっており、その他の「プレミアムエディション」と「レーザービーム」では、『クラリーン®エフ「レインガード®Fa」』が主素材で、雨や傷に強い特徴があります。

背中や肩ベルト裏の素材は、「プレミアムエディション」や「レーザービーム」では『ブレスレザー』が使用されており快適性に優れていますが、「スピードスター」では耐久性のある『人工皮革』が使用されています。

『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』を素材で比較してみると、『プーマ』の方が様々な素材が使用されているランドセルとなっていることがわかります。

中でも、『プーマ』の「プレミアムエディション」(ブラックドビー×マリンブルー)では、傷がついても目立ちにくい珍しい素材となっているので、ランドセル選びでは、ぜひ手触りや見た目以外の特徴も確認してみてくださいね。

モデルロイヤル・レジオとプーマを重さで比較

重さで比較モデルロイヤル・レジオプーマ
重さ(g)1,290~1,4401,090~1,230

荷物の多い小学生にとって、ランドセルは少しでも軽い方が良いと思っている保護者の方も多いのではないでしょうか。そこで、モデルロイヤル・レジオとプーマのランドセル本体の重さを比較してみました。

モデルロイヤル・レジオのランドセル本体の重さは、デザインによる違いがありました。また、「ノワール」では収納ポケットの有無を選択できることにより、重さも違っているので確認してみましょう。

  • スマート:1,330g
  • ノワール(PC収納ポケットあり):1,440g
  • ノワール(PC収納ポケットなし):1,290g

またプーマも、デザインよる重さの違いがありました。カラーバリエーションにより価格や素材には違いがありましたが、ランドセルの重さはデザインごとに統一されています。

  • スピードスター:1,230g
  • プレミアムエディション:1,200g
  • レーザービーム:1,090g

『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』を比較してみると、より軽いランドセルとなっているのは『プーマ』だと言えます。

ランドセル本体のにおける平均の重さは、1,100~1,300gと言われているので、『モデルロイヤル・レジオ』の収納ポケット付き「ノワール」は、他のランドセルと比較すると少し重たく感じるかもしれませんね。

モデルロイヤル・レジオとプーマを耐久性で比較

耐久性で比較モデルロイヤル・レジオプーマ
型崩れ防止321構造【レーザービーム以外】
・321構造
【レーザービームのみ】
・スタイルキーパー
・PET製芯材プレート(2重)
コーナー部分2重巻き補強2重巻き補強

セイバンの「天使のはね」ランドセルは耐久性に優れていると評判ですが、モデルロイヤル・レジオとプーマでは、耐久性に違いがあるのかを比較してみました。

モデルロイヤル・レジオでは、セイバン「天使のはね」ランドセルで標準装備となっている、3面一体構造とマチ部分の芯材が2重構造である『321構造』が搭載され、型崩れが防止されています。もちろん、傷がつきやすいコーナー部分には『2重巻き補強』が施され、耐久性に優れたランドセルとなっています。

一方、プーマでは「スピードスター」と「プレミアムエディション」で『321構造』や『2重巻き補強』が搭載されていますが、収納力をアップさせた「レーザービーム」では特許取得技術の『スタイルキーバー』と『PET製芯材プレート(2重)』が重なり合って型崩れを防止しています。

『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』を耐久性で比較してみると、どちらもセイバンのランドセルとして、十分な耐久性のあるランドセルだと言えます。

モデルロイヤル・レジオとプーマを修理保証で比較

修理保証で比較モデルロイヤル・レジオプーマ
無料の修理保証あり(6年間)あり(6年間)

ランドセルを毎日使っていると、思わぬアクシデントによってランドセルを破損させてしまう場合もあります。そこで、モデルロイヤル・レジオとプーマの修理保証について比較してみました。

結論として、『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』には、6年間の無料保証があります。保証書がなくても無料修理をしてもらうことができるので、保護者の方も安心できます。また、修理期間中は変わりのランドセルを貸してもらえるため、夏休みなど長期休暇まで修理を待つ必要もありません。

ただし、わざとランドセルを壊したり、アクシデントであっても傷や破れなどは無料修理の対象外となるので、ランドセルはできるだけ大切に取り扱ってくださいね。

モデルロイヤル・レジオをおすすめな人はこんな人

  • スタイリッシュなランドセルで大人っぽさを出したい人
  • 落ち着いたイメージで、飾り鋲などのオシャレを楽しみたい人
  • ノードパソコンやタブレット専用の収納ポケットが欲しい人

『モデルロイヤル・レジオ』は、スタイリッシュでクールな「スマート」や、光沢があってエレガントなデザインの「ノワール」があり、どちらも大人っぽいデザインとカラーが特徴です。カラフルなランドセル以外で探している人にはおすすめのランドセルです。

『モデルロイヤル・レジオ』の「スマート」では、飾り鋲がダイヤ型でダークカラーに映えるアクセントとなっています。立体的な盛り加工など、落ち着いたイメージでオシャレを楽しみたい人におすすめです。

最近は小学生でもタブレットやノートパソコンを使った授業が増え、持ち運びする機会も増えてきています。『モデルロイヤル・レジオ』の「ノワール」なら、タレットやノートPC専用の収納ポケットが搭載されているので、安心して持ち運びすることができますよ。

プーマをおすすめな人はこんな人

  • プーマブランドが好きな人
  • 特徴のあるカラーのランドセルが欲しい人
  • 光るランドセルを探している人

スポーツブランドとして有名な『プーマ』は子供にも大人気です。小学生に入ったらスポーツを始めたり、アクティブな生活を楽しみたいと思っている人には、おすすめのランドセルとなっています。

少しでも目立つ特徴のランドセルカラーを探している人には、『プーマ』の「スピードスター」がおすすめです。マニッシュグレーやパールメタルレッド、パールメタルマリンが好きな人は、ぜひチェックしてみてください。

『プーマ』のランドセルは、すべてのデザインで反射材が広範囲に使用されているので、光るランドセルを探している人にはおすすめのランドセルです。夕暮れや天候が悪い日に遠くからでもライトを反射してくれるので、保護者の方も安心です。

まとめ

この記事では、男の子のランドセルとして人気の高いセイバン「天使のはね」ランドセルの『モデルロイヤル・レジオ』と『プーマ』を、9項目について比較しながら紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

大人っぽいイメージの『モデルロイヤル・レジオ』とスポーツ界で人気のある『プーマ』を比較することで、デザインやカラー、素材や限定販売など、ランドセル選びには多くの比較ポイントがあることを知っていただけたと思います。

もちろん、ランドセルは子供の好みに合わせて選ぶことが大切ですが、ランドセルは6年という長い小学校生活で毎日使用するものとなります。

購入してから「あっちが良かった」と後悔することがないよう、ぜひ比較記事をランドセル選びの参考にして欲しいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次