MENU

男の子のセイバンランドセル『スゴシリーズ』と『ユアメイト』を9つの項目で徹底比較!

今回は、天使のはねでお馴染みのセイバンランドセル『スゴシリーズ』と『ユアメイト』について、9つの項目ごとに徹底比較して紹介します。

ランドセル選びで重要視されがちなデザインやランドセルカラーだけでなく、保護者が気になる価格やランドセルの素材なども詳しくわかる記事になっています。

男の子のランドセルは、種類が豊富になったからこそ比較しながら、好みやイメージ、使いやすさなどが納得できるランドセルを探すことが大切です。

男の子に人気の『スゴシリーズ』と『ユアメイト』のランドセルを、デザインやカラーの種類、素材や価格など9つの項目で比較しながら解説していますので、ぜひランドセル選びの参考にしてみてくださいね。

目次

スゴシリーズとユアメイトを9つの項目で徹底比較しました!

デザインで比較デザインの種類ついて比較してみました
カラーで比較カラーについて比較しました
限定商品で比較販売や数量限定について比較しました
本体サイズや収納力で比較サイズや収納力、収納ポケットについて比較しました
価格で比較価格について比較しました
素材で比較素材について比較しました
重さで比較重さについて比較しました
耐久性で比較耐久性について比較しました
修理保証比較修理保証について比較しました

上記の9つの項目で『スゴシリーズ』と『ユアメイト』を比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

スゴシリーズとユアメイトをデザインで比較

デザインで比較スゴシリーズユアメイト
デザインの数4種類2種類
デザインの種類・スゴ軽エアー
・スゴ光ギャラクシー
・スゴ強ワイルドギア
・スゴ楽スカイウォーク
・ヒーロー
・ウィリー

入学前の男の子が楽しみにしているランドセル選びは、デザインを重視している人が多いのではないでしょうか。そこでスゴシリーズとユアメイトのデザインについて比較してみました。

スゴシリーズには4種類のデザインがあり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • シンプルなデザインで、軽さ・容量・丈夫さを追求した「スゴ軽(カル)エアー」
  • 広範囲の反射材で彗星をモチーフにした「スゴ光(ピカ)ギャラクシー」
  • シンプルなデザインで、耐久性にこだわった「スゴ強(タフ)ワイルドギア」
  • パイロットのウイングバッヂをイメージした刺繍の「スゴ楽(ラク)スカイウォーク」

一方、ユアメイトのデザインは2種類、光るアクセントカラーの縁取りでヒーロー戦隊をイメージした「ヒーロー」と、加工盛りでクルマのボディをイメージした「ウィリー」があります。

『スゴシリーズ』と『ユアメイト』を比較してみると、光るランドセルなら『スゴシリーズ』のスゴ光ギャラクシーや『ユアメイト』のヒーローがあることがわかります。

また、飛行機が好きなら『スゴシリーズ』のスゴ楽スカイウォーク、クルマが好きなら『ユアメイト』のウィリーがあり、好みによって選ぶデザインも大きく変わると言えるでしょう。

スゴシリーズとユアメイトをカラーで比較

カラーで比較スゴシリーズユアメイト
本体カラー・カーマインレッド
・ミルキーブラウン
・パステルパープル
・ブラック
・マリンブルー
・ダークネイビー
・ダークグレー
・ネイビー
・ブラック

ランドセル選びでは、デザインと同じくらい好みがわかれるランドセルカラーですが、非常に多くのカラーバリエーションがあって悩んでしまうことも多いことでしょう。そこで、スゴシリーズとユアメイトの本体カラーについて比較してみました。

スゴシリーズは、デザインごとに選べるカラーは多く、全部で14種類のカラーがあります。

スゴ軽エアー・カーマインレッド
・ミルキーブラウン
・パステルパープル
・ブラック
・マリンブルー
スゴ光ギャラクシー・ブラック×カーマインレッド
・ブラック×マリンブルー
・ブラック×シルバー
スゴ強ワイルドギア・ブラック×マリンブルー
・ダークネイビー
・ダークグレー
スゴ楽スカイウォーク・マリンブルー
・ネイビー
・ブラック×マリンブルー

流れるようなアクセントカラーの「スゴ光ギャラクシー」では、反射材の色を選ぶことができ、「スゴ強ワイルドギア」や「スゴ楽スカイウォーク」のブラックカラーでは、ラインのフチやサイドのウイングバッヂの色がマリンブルーとなっています。

一方、ユアメイトのランドセル本体のカラーは、どちらのデザインもブラックですが、「ヒーロー」では縁取りのアクセントカラー、「ウィリー」では刺繍部分のカラーがそれぞれ選択できます。

『スゴシリーズ』と『ユアメイト』をカラーで比較してみると、本体カラーのバリーションが多いのは『スゴシリーズ』であることがわかります。ただし、どちらのランドセルも本体のブラックカラーにアクセントカラーや刺繍カラーを選ぶことができるので、ぜひ実際に見ながら好みのカラーを見つけてみてください。

スゴシリーズとユアメイトを限定商品で比較

限定商品で比較スゴシリーズユアメイト
数量限定スゴ軽スカイウォークなし
公式オンラインストア限定なしなし
取り扱い店舗限定スゴ軽エアー
スゴ光ギャラクシー
スゴ強ワイルドギア
スゴ軽スカイウォーク
なし
直営店限定なしなし
イオン限定なしなし

デザインやカラー、素材などの違いによって限定販売となっているランドセルがあることをご存じでしょうか。スゴシリーズとユアメイトには限定商品があるのか比較しながら確認してみましょう。

スゴシリーズのランドセルは、すべてのデザインが取り扱い店舗限定で販売されています。また、「スゴ軽スカイウォーク」は数量限定販売なので、購入を希望する人は早めの検討が必要です。

一方、ユアメイトのランドセルには限定販売されているランドセルはありません。量販店でも販売されているので、比較的どこでも購入しやすいと言えるでしょう。

『スゴシリーズ』と『ユアメイト』を比較してみると、『スゴシリーズ』の方が店舗や数量が限定となっているため、購入を希望する際は注意が必要です。

また、どちらのランドセルも、早期購入割引を適用されて購入できるのは、直営店や公式オンラインストア限定です。検討する際には、価格や販売先について十分確認してから購入してくださいね。

スゴシリーズとユアメイトを本体サイズや収納力で比較

サイズや収納力で比較スゴシリーズユアメイト
内寸(約cm)【スゴ軽】
高さ:32.0、幅25.0
【スゴ光・スゴ強・スゴ楽】
高さ:31.0、幅23.5
高さ:31.0、幅23.5
外寸(約cm)【スゴ軽】
高さ:34.0、幅27.0
【スゴ光・スゴ強・スゴ楽】
高さ:33.5、幅26.5
高さ:33.5、幅26.5
マチ幅(約cm)【スゴ軽】
内寸:13.0、外寸:19.0
【スゴ光・スゴ強・スゴ楽】
内寸:12.0、外寸:20.5
内寸:12.0、外寸:20.5
A4ファイルやタブレット収納対応対応

新1年生のランドセル姿を見て「ランドセルに背負われている」と感じたことがある人も多いことでしょう。そこで保護者の方が気になるランドセルサイズについて、スゴシリーズとユアメイトを比較してみました。

スゴシリーズの「スゴ光」「スゴ強」「スゴ楽」は、サイズや収納力も一般的なランドセルで、タブレットやA4ファイルも問題なく収納できます。これらのデザインに比べて「スゴ軽」は、少しサイズが大きくなっているものの、内寸やマチ幅が大きくなっているため、収納力がアップしています。

一方、ユアメイトのサイズや収納力は、スゴシリーズのスゴ軽以外と同様に一般的なランドセルサイズで、収納力に不安を感じる必要はありません。

『スゴシリーズ』と『ユアメイト』を比較してみると、どちらも一般的なサイズと収納力ですが、よりランドセルの収納力を求めるなら『スゴシリーズ』のスゴ軽がおすすめです。

スゴシリーズとユアメイトを価格で比較

価格で比較スゴシリーズユアメイト
小売希望価格(税込)62,700円~71,500円47,300円~58,300円
早期割引価格(税込)56,430円~64,350円42,570円~52,470円

スゴシリーズとユアメイトでは、どちらもデザインによって価格に違いがあります。また、どのデザインも2023年10月1日までに購入すると、早期割引価格が適用されるので、ぜひチェックしてみてください。

スゴシリーズではデザインごとの価格は以下のとおりです。

  • スゴ軽エアー:62,700円(早期割引価格:56,430円)
  • スゴ光ギャラクシー:66,000円(早期割引価格:59,400円)
  • スゴ強ワイルドギア:66,000円(早期割引価格:59,400円)
  • スゴ楽スカイウォーク:71,500円(早期割引価格:64,350円)

一方、ユアメイトの価格は次のとおりですが、「ヒーロー」はカラーによる価格の違いもあるので確認してみてくださいね。

  • ヒーロー(ブラック×カーマインレッド、ブラック×マリンブルー):53,900円(早期割引価格:48,510円)
  • ヒーロー(ブラック×パールメタルレッド、ブラック×パールメタルマリン):58,300円(早期割引価格:52,470円)
  • ウィリー:47,300円(早期割引価格:42,570円)

スゴシリーズ』と『ユアメイト』を価格で比較すると、『スゴシリーズ』の方が高い価格に設定されているので、購入するなら早期割引が適用される期間がおすすめです。

2022年4月のランドセル平均価格は56,425円なので、『ユアメイト』なら平均価格以下で購入できるランドセルだと言えます。

スゴシリーズとユアメイトを素材で比較

素材で比較スゴシリーズユアメイト
主素材【クラリーン®エフ「レインガード®Fa」】
・スゴ軽エアー
・スゴ楽スカイウォーク
【アンジュエールグロス】
・スゴ光ギャラクシー
【アンジュエールタフプラス】
・スゴ強ワイルドギア
【アンジュエールグロス】
・ヒーロー
(ブラック×カーマインレッド・
ブラック×マリンブルー)
・ウィリー
【アンジュエールタフプラス】
・ヒーロー
(ブラック×パールメタルレッド・
ブラック×パールメタルマリン)
背中・肩ベルト裏【クラリーン®エフハイキー®ネオ】
・スゴ軽エアー
【ブレスレザー】
・スゴ強ワイルドギア
・スゴ楽スカイウォーク
【人工皮革】
・スゴ光ギャラクシー
【人工皮革】
・ヒーロー
【ブレスレザー】
・ウィリー

ランドセルの主素材は、手触りや見た目に大きく関係します。そこで、スゴシリーズとユアメイトについて、素材を比較してみました。

スゴシリーズでは「スゴ軽エアー」と「スゴ楽スカイウォーク」に、『クラリーン®エフ「レインガード®Fa」』が使用されて、撥水加工に優れています。「スゴ光ギャラクシー」の主素材は、ツヤの手触りが特徴の『アンジュエールグロス』、「スゴ強ワイルドギア」には傷や汚れに強い『アンジュエールタフプラス』が使用されています。

また、背中や肩ベルト裏もそれぞれ違い、汗やムレに強く快適性に優れている『ブレスレザー』は「スゴ強ワイルドギア」と「スゴ楽スカイウォーク」、耐久性に優れた『人工皮革』は「スゴ光ギャラクシー」、軽量化された人工皮革の『クラリーン®エフハイキー®ネオ』は「スゴ軽エアー」に使用されています。

一方、ユアメイトでは「ヒーロー」のブラック×パールメタルレッドと、ブラック×パールメタルマリンのカラーで『アンジュエールタフプラス』が使用され、ブラック×カーマインレッドと、ブラック×マリンブルー、「ウィリー」で『アンジュエールグロス』が使用されて美しい光沢となっています。

背中や肩ベルト裏では、「ウィリー」には『ブレスレザー』、「ヒーロー」には『人工皮革』が使用されており、強い耐久性が特徴です。

『スゴシリーズ』と『ユアメイト』を素材で比較してみると、撥水加工に優れているのは、『スゴシリーズ』の「スゴ軽エアー」や「スゴ楽スカイウォーク」、背中や肩ベルト裏で快適性に優れているのは、『スゴシリーズ』の「スゴ強ワイルドギア」や「スゴ楽スカイウォーク」と『ユアメイト』の「ウィリー」です。

耐久性に優れた素材のランドセルを探しているなら、『スゴシリーズ』の「スゴ強ワイルドギア」や『ユアメイト』の「ヒーロー」がおすすめです。

スゴシリーズとユアメイトを重さで比較

重さで比較スゴシリーズユアメイト
重さ(g)990~12901,150~1,210

少しでもランドセルが軽い方が良いと考える保護者の方も多いのではないでしょうか。そこで、スゴシリーズとユアメイトのランドセル本体の重さについて比較してみました。

スゴシリーズは、デザインよってランドセルの重さに違いがあります。

  • スゴ軽エアー:990g
  • スゴ光ギャラクシー:1,240g
  • スゴ強ワイルドギア:1,290g
  • スゴ楽スカイウォーク:1,250g

同じくユアメイトでも、デザインよる重さの違いがあり、「ヒーロー」ではカラーによって重さに違いがあります。

  • ヒーロー(ブラック×カーマインレッド・ブラック×マリンブルー):1,200g
  • ヒーロー(ブラック×パールメタルレッド・ブラック×パールメタルマリン):1,210g
  • ウィリー:1,150g

『スゴシリーズ』と『ユアメイト』を比較してみると、よりランドセルが軽量化されているのは『スゴシリーズ』の「スゴ軽エアー」です。

ランドセル本体のにおける平均の重さは、1,100~1,300gと言われているので、『スゴシリーズ』のスゴ軽エアーは、非常に軽いランドセルとなっています。

スゴシリーズとユアメイトを耐久性で比較

耐久性で比較スゴシリーズユアメイト
型崩れ防止321構造
※スゴ強ワイルドギアのみ331構造
321構造
コーナー部分2重巻き補強2重巻き補強

毎日使うランドセルは、耐久性がある方が安心ですよね。そこで、スゴシリーズとユアメイトの耐久性を比較してみましょう。

『スゴシリーズ』と『ユアメイト』では、基本的にセイバンのランドセルで標準装備となっている『321構造』が適用されています。

3面一体構造とマチ部分の芯材を2重構造にすることで、衝撃に強く型崩れ防止が施されています。また、傷がつきやすいコーナー部分には『2重巻き補強』で、より強い耐久性となっています。

ただし、『スゴシリーズ』の「スゴ強ワイルドギア」では、1.2倍の強度となる『331構造』が採用されています。

『321構造』や『2重巻き補強』が搭載されていますが、「スゴ強ワイルドギア」には、1.2倍の強度となる『331構造』が採用されています。

さらに、「スゴ軽エアー」では特許取得技術の『スタイルキーバー』と『PET製芯材プレート(2重)』が重なり合って型崩れ防止も採用されているため、十分な耐久性を持っています。

『スゴシリーズ』と『ユアメイト』は、どちらもセイバンのランドセルとして、十分な耐久性を持っているため安心して使用できるランドセルだと言えます。

スゴシリーズとユアメイトを修理保証で比較

修理保証で比較スゴシリーズユアメイト
無料の修理保証あり(6年間)あり(6年間)

6年間の小学校生活の中で、ランドセルが壊れないという保証はありません。そこで、スゴシリーズとユアメイトについて、修理保証で比較してみました。

結論として、セイバンのランドセルは6年間の無料保証があり、『スゴシリーズ』と『ユアメイト』は、壊れたときに保証書がなくても無料修理で対応してもらうことができます。

ただし、故意で破損させたり生地を傷つけた場合は、修理保証の対象外となるので注意しておきましょう。

修理期間中は、代わりのランドセルを貸してもらうことができるので、故障したらすぐに修理に出せるので安心ですよ。

スゴシリーズをおすすめな人はこんな人

  • 軽いランドセルが欲しい人
  • 反射材を使ったランドセルが欲しい人
  • 自分で肩ベルトを調整できるランドセルが欲しい人

近年のランドセルは非常に軽量化されていますが、『スゴシリーズ』の「スゴ軽エアー」は、さらに軽量化されています。また、十分な耐久性もあるため安心して使用できるランドセルです。少しでも軽いランドセルが良いという人には、おすすめのランドセルです。

『スゴシリーズ』の「スゴ光ギャラクシー」には、一般的なランドセルの反射材に比べて3倍以上使用されています。そのため、遠くにいる車にも子供の存在を知らせてくれるため、保護者の方も安心です。光るランドセルを探しているなら、反射材の範囲をチェックしてみましょう。

『スゴシリーズ』の「スゴ楽スカイウォーク」は、快適にランドセルを背負うことができるように、子供自身が簡単に肩ベルトを調整できるようになっています。子供の成長に合わせたり、冬の厚めのアウターの上からでも、快適にランドセルを背負いたいという人におすすめです。

ユアメイトをおすすめな人はこんな人

  • 赤や青がアクセントとなったヒーローカラーが好きな人
  • オシャレで平均的な価格のランドセルを探している人
  • クルマが好きな人

本体がブラックカラーの『ユアメイト』の「ヒーロー」には、ランドセル全体のフチにあるラインは、4つのカラーから選ぶことができ、ヒーローのような格好良いアクセントカラーが特徴です。

平均的なランドセル価格のランドセルを探しているなら『ユアメイト』の「ヒーロー」がおすすめです。早期割引で購入すればさらに価格が安くなるので、おすすめです。

また、『ユアメイト』の「ウィリー」は、ランドセル全体でクルマのイメージを作り上げており、カブセ裏には、クルマやロードサインなどのグラフィックがちりばめられています。クルマ好きな人やクルマに興味がある人は、ランドセルを開けるたびに楽しめることでしょう。

まとめ

この記事では、「天使のはね」ランドセルで男の子に人気の『スゴシリーズ』と『ユアメイト』について、9項目を比較しながら紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

『スゴシリーズ』と『ユアメイト』には、カラーやデザインなど、特徴のあるランドセルが多くありました。

軽・光・強・楽の特徴がある『スゴシリーズ』や、ヒーローやクルマのイメージがある『ユアメイト』では、素材や重さ、価格にも違いがあり、子供や保護者も目移りが激しくなってしまうことでしょう。

ランドセルを販売している店舗では、すべてを比較することは難しいため、事前に比較記事を参考にして、好みや希望に沿ったランドセル探しに役立ててくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次