MENU

セイバンランドセルの『スゴシリーズ』と『プーマ』を9つの項目で徹底比較してみた!

今回は、天使のはねで人気のあるセイバンランドセル『スゴシリーズ』と『プーマ』について、9つの項目ごとに徹底比較しながら紹介します。

ランドセル選びではデザインやランドセルカラー、素材や重さなど気になる項目は多く、保護者の方は価格が気になっている人も多いのではないでしょうか。

特に活発な男の子のランドセルは、耐久性やランドセルの修理なども備えておいてくれた方が嬉しいですよね。

そこで、この記事では『スゴシリーズ』と『プーマ』のランドセルを、デザインやカラー、素材や価格など9つの項目について詳しく解説しているので、ぜひランドセル選びの参考にしてみてくださいね。

目次

スゴシリーズとプーマを9つの項目で徹底比較しました!

デザインで比較デザインの種類ついて比較してみました
カラーで比較カラーについて比較しました
限定商品で比較販売や数量限定について比較しました
本体サイズや収納力で比較サイズや収納力、収納ポケットについて比較しました
価格で比較価格について比較しました
素材で比較素材について比較しました
重さで比較重さについて比較しました
耐久性で比較耐久性について比較しました
修理保証比較修理保証について比較しました

上記の9つの項目で『スゴシリーズ』と『プーマ』を比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

スゴシリーズとプーマをデザインで比較

デザインで比較スゴシリーズプーマ
デザインの数4種類3種類
デザインの種類・スゴ軽エアー
・スゴ光ギャラクシー
・スゴ強ワイルドギア
・スゴ楽スカイウォーク
・スピードスター
・プレミアムエディション
・レーザービーム

ランドセル選びで重要なのはデザインだと考えている人は多いのではないでしょうか。そこでスゴシリーズとプーマのデザインについて比較してみました。

スゴシリーズには、以下のような特徴を持つ4種類のデザインがあります。

  • 軽さ・容量・丈夫さを追求したシンプルなデザインの「スゴ軽(カル)エアー」
  • 彗星のように反射が広範囲に広がる「スゴ光(ピカ)ギャラクシー」
  • シンプルなデザインで、耐久性のある「スゴ強(タフ)ワイルドギア」
  • パイロットのウイングバッヂを刺繍にした「スゴ楽(ラク)スカイウォーク」

一方、プーマには3種類のデザインがあります。

  • アクセントカラーで縁取った「スピードスター」
  • アクセントカラーとなるプーマのロゴが特徴の「プレミアムエディション」
  • 両サイドにネオンカラーが入っている「レーザービーム」

『スゴシリーズ』と『プーマ』を比較してみると、光るランドセルなら『スゴシリーズ』の「スゴ光ギャラクシー」、アクセントカラーなら『プーマ』の3つのデザインがあります。

ランドセルのデザインは好みが大きく分かれますが、カラーや素材も大きく影響するので、ぜひいろいろ確認してみてくださいね。

スゴシリーズとプーマをカラーで比較

カラーで比較スゴシリーズプーマ
本体カラー【スゴ軽エアー】
・カーマインレッド
・ミルキーブラウン
・パステルパープル
・ブラック
・マリンブルー
【スゴ光ギャラクシー】
・ブラック×カーマインレッド
・ブラック×マリンブルー
・ブラック×シルバー
【スゴ強ワイルドギア】
・ブラック×マリンブルー
・ダークネイビー
・ダークグレー
【スゴ楽スカイウォーク】
・マリンブルー
・ネイビー
・ブラック×マリンブルー
【スピードスター】
・ネイビー×マニッシュグレー
・ブラック×カーマインレッド
・ブラック×マリンブルー
・ブラック×パールメタルレッド
・ブラック×パールメタルマリン
・マニッシュグレー×ブラック
【スピードスター(直営店限定モデル)】
・パールメタルレッド×ジュエルホワイト
・パールメタルマリン×ジュエルホワイト
【プレミアムエディション】
・ブラック×イエローグリーン
・ブラック×カーマインレッド
・ブラック×マリンブルー
・ブラック×ゴールド
【プレミアムエディション(公式オンラインストア限定)】
・ブラックドビー×マリンブルー
【レーザービーム】
・マリンブルー
・ブラック×オレンジ
・ブラック×イエローグリーン
・ブラック×マリンブルー

ランドセル選びでは、デザインと合わせて気になるのがランドセルカラーですよね。スゴシリーズとプーマを比較してみると、非常に多くのカラーバリエーションがあるので、ぜひ確認してみてください。

スゴシリーズは、デザインごとに選べるカラーは多く、全部で14種類のカラーがあります。

「スゴ軽エアー」には5色あり、「スゴ光ギャラクシー」では主カラーがブラックとなり、反射材の色を選ぶことができます。

また、「スゴ強ワイルドギア」や「スゴ楽スカイウォーク」はそれぞれ3色ありますが、「スゴ強ワイルドギア」のブラックカラーではフチのライン、「スゴ楽スカイウォーク」のブラックカラーではウイングバッヂの色がマリンブルーとなっています。

一方、プーマでもデザインや限定商品によって、ランドセルカラーに違いがあります。

「スピードスター」のデザインには全部で8種類のカラーがありますが、そのうち直営店限定モデルとなるパールメタルカラーとなっています。どの色でもランドセル本体を縁取るアクセントカラーが特徴的です。

「プレミアムエディション」にも5つのカラーがあり、そのうち本体がブラックドビーのランドセルは、公式オンラインストア限定モデルとなっています。どの色も躍動感のあるステッチと、アクセントカラーが使われているプーマのロゴが特徴です。

また「レーザービ-ム」では、ランドセルの両サイドに流れるようなアクセントカラーがあり、プーマのロゴにネオンカラーが使用されている特徴があります。

『スゴシリーズ』と『プーマ』をカラーで比較してみると、本体カラーのバリーションが多いのは『スゴシリーズ』であることがわかります。また、アクセントカラーが欲しいなら『プーマ』がおすすめです。

スゴシリーズとプーマを限定商品で比較

限定商品で比較スゴシリーズプーマ
数量限定スゴ軽スカイウォークなし
公式オンラインストア限定なしプレミアムエディション
(ブラックドビー×マリンブルー)
取り扱い店舗限定スゴ軽エアー
スゴ光ギャラクシー
スゴ強ワイルドギア
スゴ軽スカイウォーク
なし
直営店限定なしスピードスター
(パールメタルレッド×ジュエルホワイト)
(パールメタルマリン×ジュエルホワイト)

デザインやカラー、素材などの違いによって限定販売となっているランドセルがあることをご存じでしょうか。スゴシリーズとプーマでも限定商品があるので、ぜひ比較しながら確認してみてください。

スゴシリーズのランドセルは、すべてのデザインが取り扱い店舗限定で販売されています。さらに「スゴ軽スカイウォーク」は数量限定販売となっているので、購入を希望する人は早めの検討が必要です。

一方、プーマでは、一部のカラーのみ購入できる場所が限られています。

「スピードスター」のパールメタルレッド×ジュエルホワイト、パールメタルマリン×ジュエルホワイトの2つのカラーは、直営店限定です。また「プレミアムエディション」のブラックドビー×マリンブルーは、公式オンラインストア限定の販売となっています。

『スゴシリーズ』と『プーマ』を比較してみると、『スゴシリーズ』には数量限定があり、どのデザインも購入できる場所が限られていることがわかりました。『プーマ』もカラーによっては購入場所に気をつける必要があります。

また、どちらのランドセルも、早期購入割引を適用されて購入できるのは、直営店や公式オンラインストア限定です。検討する際には、価格や販売先について十分確認してから購入してくださいね。

スゴシリーズとプーマを本体サイズや収納力で比較

サイズや収納力で比較スゴシリーズプーマ
内寸(約cm)【スゴ光・スゴ強・スゴ楽】
高さ:31.0、幅23.5
【スゴ軽】
高さ:32.0、幅25.0
【スピードスター、プレミアムエデシヨン】
高さ:31.0、幅23.5
【レーザービーム】
高さ:32.0、幅25.0
外寸(約cm)【スゴ光・スゴ強・スゴ楽】
高さ:33.5、幅26.5
【スゴ軽】
高さ:34.0、幅27.0
【スピードスター、プレミアムエデシヨン】
高さ:33.5、幅26.5
【レーザービーム】
高さ:34.0、幅27.0
マチ幅(約cm)【スゴ光・スゴ強・スゴ楽】
内寸:12.0、外寸:20.5
【スゴ軽】
内寸:13.0、外寸:19.0
【スピードスター、プレミアムエデシヨン】
内寸:12.0、外寸:20.5
【レーザービーム】
内寸:13.0、外寸:19.0
A4ファイルやタブレット収納対応対応

小学生は荷物が多いので、収納力やランドセルサイズが気になる人も多いと思います。そこで、スゴシリーズとプーマをそれぞれ比較してみました。

『スゴシリーズ』の「スゴ光」「スゴ強」「スゴ楽」と、『プーマ』の「スピードスター」や「プレミアムエディション」は、サイズや収納力も一般的なランドセルで、タブレットやA4ファイルも問題なく収納できます。

しかし『スゴシリーズ』の「スゴ軽」と『プーマ』の「レーザービーム」は、外寸は少し大きくなっていますが、通常よりマチ幅が1cm広くなっているため、収納力がさらにアップしています。

『スゴシリーズ』と『プーマ』を比較してみると、どちらもA4サイズの用紙やファイル、タブレットなどを問題なく収納できるランドセルですが、より収納力があるランドセルが欲しいなら『スゴシリーズ』の「スゴ軽」や『プーマ』の「レーザービーム」がおすすめです。

スゴシリーズとプーマを価格で比較

価格で比較スゴシリーズプーマ
小売希望価格(税込)62,700円~71,500円73,700円~82,500円
早期割引価格(税込)56,430円~64,350円66,330円~74,250円

スゴシリーズとプーマでは、どちらもデザインによって価格に違いがあります。どのデザインも2023年10月1日までに購入すると、早期割引価格が適用されるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スゴシリーズの価格は以下のとおりです。

  • スゴ軽エアー:62,700円(早期割引価格:56,430円)
  • スゴ光ギャラクシー:66,000円(早期割引価格:59,400円)
  • スゴ強ワイルドギア:66,000円(早期割引価格:59,400円)
  • スゴ楽スカイウォーク:71,500円(早期割引価格:64,350円)

一方、プーマの価格はデザインだけでなくカラーによる違いもあります。

  • スピードスター(ブラック×マニッシュグレー、ブラック×カーマインレッド、ブラック×マリンブルー、マニッシュグレー×ブラック):73,700円(早期割引価格:66,330円)
  • スピードスター(ブラック×パールメタルレッド、ブラック×パールメタルマリン):78,100円(早期割引価格:70,290円)
  • スピードスター(パールメタルレッド×ジュエルホワイト、パールメタルマリン×ジュエルホワイト):78,100円(早期割引価格:70,290円)
  • プレミアムエディション(ブラックドビー×マリンブルー以外):80,300円(早期割引価格:72,270円)
  • プレミアムエディション(ブラックドビー×マリンブルー):82,500円(早期割引価格:74,250円)
  • レーザービーム:75,900円(早期割引価格:68,310円)

『スゴシリーズ』と『プーマ』を価格で比較すると、『プーマ』の方が価格は高くなっています。

2022年4月の平均価格となるランドセル価格は56,425円なので、どちらも平均価格より高いランドセルとなっているので、早期割引の期間に購入すると非常にお得だと言えます。

スゴシリーズとプーマを素材で比較

素材で比較スゴシリーズプーマ
主素材【クラリーン®エフ「レインガード®Fa」】
・スゴ軽エアー
・スゴ楽スカイウォーク
【アンジュエールグロス】
・スゴ光ギャラクシー
【アンジュエールタフプラス】
・スゴ強ワイルドギア
【アンジュエールグロス】
・スピードスター
(ネイビー×マニッシュグレー)
(ブラック×カーマインドレッド)
(ブラック×マリンブルー)
(マニッシュグレー×ブラック)
【アンジュエールタフプラス】
・スピードスター
(ブラック×パールメタルレッド)
(ブラック×パールメタルマリン)
【アンジュエールパール】
・スピードスター
(パールメタルレッド×ジュエルホワイト)
(パールメタルマリン×ジュエルホワイト)
【クラリーン®エフ「レインガード®Fa」】
・プレミアムエディション
(ブラック×イエローグリーン)
(ブラック×カーマインレッド)
(ブラック×マリンブルー)
(ブラック×ゴールド)
・レーザービーム
【クラリーン®レミニカ®ドビー】
・プレミアムエディション
(ブラックドビー×マリンブルー)
背中・肩ベルト裏【クラリーン®エフハイキー®ネオ】
・スゴ軽エアー
【ブレスレザー】
・スゴ強ワイルドギア
・スゴ楽スカイウォーク
【人工皮革】
・スゴ光ギャラクシー
【人工皮革】
・スピードスター
【ブレスレザー】
・プレミアムエディション
・レーザービーム

スゴシリーズとプーマを素材で比較してみると、デザインごとに素材が違っています。主素材によって見た目や手触りが変わることもあるので、ぜひ確認してみてくださいね。

スゴシリーズでは「スゴ軽エアー」と「スゴ楽スカイウォーク」に、『クラリーン®エフ「レインガード®Fa」』が使用され、撥水加工に優れています。

「スゴ光ギャラクシー」の主素材はツヤの手触りが特徴の『アンジュエールグロス』が使用され、「スゴ強ワイルドギア」には傷や汚れに強い『アンジュエールタフプラス』が使用されています。

背中や肩ベルト裏の素材もそれぞれ違い、汗やムレに強く快適性に優れている『ブレスレザー』は「スゴ強ワイルドギア」と「スゴ楽スカイウォーク」、耐久性に優れた『人工皮革』は「スゴ光ギャラクシー」、軽量化された人工皮革の『クラリーン®エフハイキー®ネオ』は「スゴ軽エアー」に使用されています。

一方、プーマの主素材は、デザインだけでなくカラーによる違いもあります。

「スピードスター」の、ブラック×パールメタルレッドと、ブラック×パールメタルマリンでは、傷や汚れに強い『アンジュエールタフプラス』、直営店限定のパールメタルレッド×ジュエルホワイトと、パールメタルマリン×ジュエルホワイトには、美しい光沢が特徴の『アンジュエールパール』が使用されています。

その他の「スピードスター」はツヤのある手触りが特徴の『アンジュエールグロス』が使用されています。

「プレミアムエディション」と「レーザービーム」では、雨や傷に強い特徴のある『クラリーン®エフ「レインガード®Fa」』、公式オンラインストア限定モデルの「プレミアムエディション」では、傷や汚れが目立ちにくい『クラリーン®レミニカ®ドビー』が使用されています。

背中や肩ベルト裏の素材は、「プレミアムエディション」や「レーザービーム」では『ブレスレザー』が使用されており快適性に優れていますが、「スピードスター」では耐久性のある『人工皮革』が使用されています。

『スゴシリーズ』と『プーマ』を素材で比較してみると、撥水加工に優れているのは、『スゴシリーズ』の「スゴ軽エアー」や「スゴ楽スカイウォーク」、『プーマ』の「プレミアムエディション」や「レーザービーム」です。

また、光沢やツヤのあるランドセルなら、『スゴシリーズ』の「スゴ光ギャラクシー」と「スゴ強ワイルドギア」、『プーマ』の「スピードスター」がおすすめです。

スゴシリーズとプーマを重さで比較

重さで比較スゴシリーズプーマ
重さ(g)990~12901,090~1,230

ランドセルは少しでも軽い方が良いと考える保護者の方も多いようです。そこで、スゴシリーズとプーマの重さについて比較してみました。

スゴシリーズは、デザインよってランドセルの重さに違いがあります。

  • スゴ軽エアー:990g
  • スゴ光ギャラクシー:1,240g
  • スゴ強ワイルドギア:1,290g
  • スゴ楽スカイウォーク:1,250g

同じくプーマも、デザインよる重さの違いがあります。

  • スピードスター:1,230g
  • プレミアムエディション:1,200g
  • レーザービーム:1,090g

『スゴシリーズ』と『プーマ』を比較してみると、よりランドセルが軽量化されているのは『スゴシリーズ』の「スゴ軽エアー」です。

ランドセル本体のにおける平均の重さは、1,100~1,300gと言われているので、『スゴシリーズ』も『プーマ』も一般的なランドセルの重さですので、「スゴ軽エアー」は非常に軽いランドセルであると言えます。

スゴシリーズとプーマを耐久性で比較

耐久性で比較スゴシリーズプーマ
型崩れ防止【スゴ光、スゴ楽】
321構造
【スゴ強】
331構造
【スコ軽】
・スタイルキーパー
・PET製芯材プレート(2重)
【レーザービーム以外】
・321構造
【レーザービームのみ】
・スタイルキーパー
・PET製芯材プレート(2重)
コーナー部分2重巻き補強
※スゴ軽以外
2重巻き補強

小学校生活で毎日使うランドセルは、耐久性がある方が安心ですよね。そこで、スゴシリーズとプーマの耐久性について比較してみましょう。

『スゴシリーズ』の「スゴ光」と「スゴ楽」、『プーマ』の「スピードスター」と「プレミアムエディション」では、3面一体構造とマチ部分の芯材を2重構造の『321構造』によって衝撃に強く型崩れ防止が施されています。また、傷がつきやすいコーナー部分には『2重巻き補強』で強い耐久性となっています。

『スゴシリーズ』の「スゴ強」と『プーマ』の「レーザービーム」では、変形防止の『スタイルキーパー』と『PET製芯材プレート(2重)』を重ね合わせて1.2倍の強度となる『331構造』が採用されています。

『スゴシリーズ』と『プーマ』は、十分な耐久性を持っていますが、より強いランドセルとなっているのは、『スゴシリーズ』の「スゴ強」と『プーマ』の「レーザービーム」だと言えます。

スゴシリーズとプーマを修理保証で比較

修理保証で比較スゴシリーズプーマ
無料の修理保証あり(6年間)あり(6年間)

6年間の小学校生活の中で、思わぬアクシデントでランドセルが壊れてしまうことが考えられます。そこで、スゴシリーズとプーマの修理保証について比較してみました。

結論として、セイバンのランドセルは6年間の無料保証があり、『スゴシリーズ』と『プーマ』は、故障してしまったときには保証書の有無に関係なく、無料で修理をしてもらうことができます。

ただし、故意に破損させたり生地を傷つけた場合は、無料修理保証の対象外となるので注意しておきましょう。

修理期間中は、代わりのランドセルを貸してもらうことができるので、故障したらすぐに修理に出せるので安心ですよ。

スゴシリーズをおすすめな人はこんな人

  • 特に軽いランドセルが欲しい人
  • 暗いところで反射するランドセルが欲しい人
  • 自分で肩ベルトを調整できるランドセルが良い人

どのランドセルも軽量化されているので新1年生でも問題はありませんが、『スゴシリーズ』の「スゴ軽エアー」は、特に軽量化されたランドセルとなっています。十分な耐久性もあり、少しでも軽いランドセルが良いという人には、おすすめのランドセルです。

『スゴシリーズ』の「スゴ光ギャラクシー」には、一般的なランドセルの反射材に比べて3倍以上使用されています。そのため、冬の夕方や天候の悪く薄暗いときには、遠くからでも反射して子供の存在を知らせてくれるため、保護者の方も安心できます。

『スゴシリーズ』の「スゴ楽スカイウォーク」は、子供自身が簡単に肩ベルトを調整できるようになっています。子供の成長に合わせたり、冬の厚めのアウターの上からでも、快適にランドセルを背負いたいという人におすすめです。

プーマをおすすめな人はこんな人

  • プーマブランドが好きな人
  • アクセントカラーのあるランドセルが欲しい人
  • パールメタルカラーのランドセルを探している人

スポーツブランドとしても有名な『プーマ』は子供にも人気があります。小学生に入ったらスポーツを始めたい人や、アクティブな生活を楽しみたいと思っている人には、おすすめのランドセルです。

アクセントカラーで格好良さのあるランドセルを探している人には、『プーマ』の「スピードスター」がおすすめです。本体のフチにあるアクセントカラーは、カーマインレッドやパールメタルマリンなど様々な配色があるので、好みに合わせて選んでみましょう。

『プーマ』の直営店限定モデル「スピードスター」は、パールメタルカラーのランドセルです。目立つカラーなので、人とは違ったランドセルを探している人におすすめです。

まとめ

この記事では、セイバンランドセルで男の子にも人気のある「天使のはね」について、『スゴシリーズ』と『プーマ』を、9つの項目で比較しながら紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

軽・光・強・楽のデザインでそれぞれ特徴がある『スゴシリーズ』や、スポーツブランドで有名な『プーマ』では、カラーやデザイン、素材や重さな、それぞれ特徴の違いがよくわかりましたね。

保護者が気になる価格にも違いがあったので、やはり早めの購入で割引が適用される期間の方がお得になることもわかりました。

ランドセルは現物を見ながら比較することも大切ですが、事前に違いのポイントを理解しておくことも重要です。ぜひ比較記事を参考にして、好みや希望に沿ったランドセルが見つかるよう役立てて欲しいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次